ミステリと言う勿れ 8巻~自分は千夜子の別人格だというライカに母親が祖母からDVを受けて自分に謝ってきていた母親のことを話す整 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ミステリと言う勿れ』8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

ミステリと言う勿れ 8巻ってこんなお話

美術館で怪しげな男たちに捕まってしまう整とライカ

整はライカと美術館にデートに行くと、元学芸員の男に声をかけられた

その後、ライカにレプリカの説明をした整がトイレに行って出てくると、怪しげな男が来場者に何かを聞きていた

それに答えられなかった来場者は、その怪しい男たちにスタンガン攻撃されてしまった

それでライカのところへ戻った整は、美術館から出ようとしたが、整たちも怪しげな男たちに声をかけられてしまった

捕まってしまった整たちだったが、先ほどの元学芸員の男も捕まっていた

Aと呼ばれていた男は、聞いていた短歌の下の句を言えなければ3人を毒ガスで殺すと言った

そこにDと呼ばれていた男は、ライカが欲しいと言い出したが、ライカはDと呼ばれていた男を挑発したので殴られてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

親方の残したヒントから抜け道を見つける整

男たちは整たちに自分たちの親方が美術館に来る予定だったというと、美術館に親方の遺したヒントがあるはずだと言った

それでライカは美術館の中にヒントはあると言ったので、男たちは美術館の中を捜索し出した

整は元学芸員の男の同僚が死んでしまったので来たのだと聞くと、その男が親方だろうと言った

そしてその同僚が歴史の年号のことを話していたと聞いていると、男たちは美術館の至る所に数字の書かれた紙があるのを見つけていた

男たちは親から見放された子どもたちばかりで、親方は盗みをして男たちを育てていた

整は男たちに秘密を明かしても殺されないかを確認すると、紙に書かれた数字の意味を解読して、Aと呼ばれていた男に日時計のところに立たせた

するとそこに猫のミケがよく通っていた抜け道が見つかったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

親方と仲間だった元学芸員の男

抜け道の先の部屋にはレンブラントの絵画が2枚あったので、怪しげな男たちは親方が盗んできたものだと思った

しかしライカはその2枚はニセモノだというと、元学芸員の男は親方と情報を流した隙にマニアに高額で売りつけるつもりだったと明かした

整は元学芸員の男の引きこもりの孫のことを訊ね、引きこもりそのものより社会と断絶してしまうことが問題で、ムリに外で働かせようとせずに多様な働き方があればいいと言っていると、館内が停電してしまった

怪しげな男たちは、閉じ込めていた他の人たちの仕業だと気づくと、逃げてしまった

そして整たちも部屋から出ていき一人になった元学芸員の男は…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

痴漢冤罪の女を突き落とした由珠を自首させる整

整はライカのいる病院へとやってくると、ライカは車椅子に乗っていた

その上にライカは千夜子と呼ばれていたので、その後にライカに会った整は妹がいるのかと訊ねてみた

するとライカは自分は千夜子の別人格で、父親がDV野郎だったので自分が産まれたのだと明かした

千夜子の両親が亡くなったので、千夜子は今は里親のところで療養しているのだというと、自分も別人格と同じく春には消えてしまうだろうとライカは言った

ライカのことを考えていた整は、近くにいた男女が痴漢冤罪をしていた女が階段から突き落とされた話をしていた

それでつい割り込んで犯人は女性だと言ってしまった整は、その場から逃げてしまったが、由珠が追いかけてきた

由珠はどうして女性が犯人なのかと聞いてきたので整は理由を話すと、痴漢冤罪があると実際に痴漢被害を受けている女性が声をあげられなくなることが一番の問題だと言った

すると由珠は泣き出してしまったので、整は自首するようにいうと、刑事の聖子を紹介してあげた

整は被害者の女性は軽傷だったと教えると、由珠に笑顔が戻り警察署へと自首しに向かったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

母親のことをライカに話す整

由珠と別れてライカとの待ち合わせ場所に行った整は、ライカに千夜子のレプリカじゃないと言ってあげると、千夜子とライカは一緒に父親のDVに耐え抜いて生きてきたのだと言ってあげた

そんなことを言った整にライカは整の親のことを訊ねると、整は自分の母親は祖母からDVを受けていたことを明かした

父親も祖母の味方をしたので心が病んでしまった母親は自殺したことになっているが、整は殺されたも同然だというと、ずっと母親は整に何も感じないのだと謝っていたと話したので、ライカは自分が整の痛みを代わってあげたかったと言ってくれた

亡くなった一葉の双子を見分ける依頼を受ける整

整は大学で花を調べていると、汐路が来てある双子を見分けて欲しいと頼んできた

その依頼を引き受けることにした整は、汐路から話を聞いて鳩村家に向かった

有名鞄店の支店長をしている瓜生から、亡くなった会社社長の一葉の双子の姉妹が度々入れ替わっていて見分けがつかないので、二人を見分けて欲しいと頼まれた

整は二人の意思が重要だと言って、一旦は瓜生から追い出されてしまった整だったが、汐路がまだ二人は幼いから他の人の影響を受けるはずだと言われ、二人を見分けることにした

家庭教師として屋敷にやってきた整だったが、双子は最初は整を瓜生のスパイだと言って嫌がらせをしてきた

整は二人が入れ替わりをアピールしていることに疑問を持っていて、家政婦の詩が一葉が産まれた順番が分かる名前を嫌がっていたので二人につけてしまったと言ったことが気になっていた

それから二人を観察していた整は、段々二人の性格などが結構違っていることに気づくと、ピアノの上に星座のマークが刻まれた指輪を見つけた

他の星座アクセサリーと関係があるのか気になってしまった整は、ライカからそもそも前提が間違っているかもしれないと言われ、もう一度一葉の会社のことを調べだした

地図を見ていた整は、読みの分からない地名を見つけてあることに気づくと、一葉や双子の言葉を思い出すと、二人は双子じゃなく三つ子ではないかと言いだした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

ミステリと言う勿れ 8巻の感想

整は怪しげな男たちに捕まっていましたが、一緒に捕まっていた元学芸員の男は怪しげな男たちの親方の友人でした

その元学芸員の男は、引きこもりの孫のために親方と一緒に詐欺をするつもりだったようですが、整のおかげもあって実行には至りませんでした

引きこもりになってしまう原因は様々ですが、原因をハッキリさせずにただ外に働けと言って引きずりだしても、いい結果には繋がらないでしょう

整が言っていたように仕事に多様性があることも必要かもしれませんが、多くの人が引きこもってしまうのは社会に何か原因があるからだと思います

もっと引きこもる原因をちゃんと調べて対象法を考えないと、引きこもってしまう人は減らないでしょうね

整は汐路から、飛行機事故で亡くなった一葉の双子の娘を見分けて欲しいと頼まれました

どうやら本当の依頼者はガロみたいですが、一葉の屋敷には星座のマークが入った指が見つかりました

他の事件ともつながりがあるのかどうかは分かりませんが、整は双子の名前から謎が分かってきたみたいです

家政婦の詩も何かを知っているような感じでしたが、整は双子じゃなく3つ子だと言っていました

もう一人がどこにいるのかはまだ分かりませんが、もう一人の存在を気づいてもらいたくて二人は入れ替わりをアピールしているのかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「ミステリと言う勿れ」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜