鬼獄の夜 1~10巻~贄取塚の顔無し鬼に襲われ車で一人で逃げようとしてレイプされながら食べられてしまう茜 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『鬼獄の夜』1~10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

『鬼獄の夜』は、電子書籍サイトのebookjapanでも読むことができます

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

鬼獄の夜 1~10巻ってこんなお話

鬼に背骨を抜き取られ死んでしまった晴馬

晴馬たち4人はBBQをするために山にやってきていた

鬼が出没すると注意書きもあったが、晴馬たちはそれを無視して道を間違えてしまうと、なんと目がたくさんある化け物に遭遇してしまった!

驚いてしまって事故って車は大破すると、晴馬たちはある廃村に迷い込んでしまった

すると今度は鬼が出没して茜が捕まってしまったので、茜を助けようとした晴馬は背骨を鬼に抜き取られて死んでしまった

鬼にレイプされて食べられてしまう茜

牡丹は茜を見捨てて蔵に逃げ込んでしまうと、茜を捕まえた鬼は蔵の中に入ってきて、茜をレイプし始めた

それで牡丹は自分をレイプするように鬼にいうと、鬼は茜を置いて外に出ていったが、二人が動き出すとまた追ってきてしまった

牡丹は古井戸に転落してしまうと、触手が出てくる階段を抜けると、メモを持った死体のある部屋があった

死体が持っていたメモには鬼は動くものに反応すると書かれていて、部屋には他にも新聞記事や写真もあった

再び鬼に襲われてしまった牡丹は鷹介に助けてもらうと、鷹介に助けてもらっていた茜は車の鍵も拾っていた

車のバッテリーは切れていたので、まだ切れていないバッテリーを探しだした3人だったが、誰かが3人を狙撃してきた

それで茜は車で逃げようとしたが鬼に捕まってしまい、茜は鬼にレイプされながら食べられてしまった!

鬼や目のたくさんある化け物が茜の死体を食べていると、そこに狙撃した男が現れた

その男はあの小部屋にあった死体の仲間の柴という男で、ピンク色の新品の牡丹のアソコを鷹介に見せつけると、牡丹を鬼への貢ぎ物にするつもりだった

血を柴に吐きつけて牡丹を助けた鷹介は、牡丹の処女が欲しいと言い出したので、鷹介に体を舐められ感じてしまった牡丹は、そのまま鷹介と初体験したのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

弟の晴馬を捜しに贄取塚へと向かう美空

美空は晴馬の姉で、晴馬の身に何かが起こったと感じていた

それで民俗資料館で働く館長の良太郎と学芸員の大地を連れて、晴馬たちが行った贄取塚へと向かった

すると岩穴で顔無し鬼に遭遇してしまった美空たちだったが、良太郎がその地域に伝わる詩に従い声を出さないでいると、鬼をやり過ごすことができた

しかし大地は崖から落ちてしまっていたので、美空たちは大地を捜し始めたが、崖の下で気絶していた大地に何者かが何かのカプセルを大地に飲ませていた

柴の飲ませたカプセルでおかしくなってしまう大地

美空たちは大地を見つけていると柴が現れたが、柴は良太郎の知り合いだった

休憩小屋へと美空たちを連れていった柴は良太郎と話し始めたので、美空は晴馬探しに向かおうとした

しかし柴の飲ませたカプセルのせいでおかしくなってしまった大地は、目玉から蟲が湧きだし美空をレイプしようとしたがガマンすると、壁をぶち破ってどこかへと去ってしまった

そこに部屋に戻ってきた良太郎は美空の手当をして柴が鬼の子孫だと話すと、柴が渡した甘酒を飲んだ良太郎はぶっ倒れてしまった

美空は小屋の中で晴馬の気配を感じて牡丹の腕時計を発見して、やはり晴馬は死んでしまったのだろうと思った

それで美空は柴に自分をレイプするようにいうと、柴に顔無し鬼が柴の父親なのか聞いてみると、柴は何故かキレだして美空の首を絞め始めた

そこに動けるようになった良太郎が助けに入ったが、鬼に吹き飛ばされてしまった

そして顔無し鬼は美空をレイプしようとし始めたが、美空は近くにあったスプレーを火炎放射器として使って逃れると、良太郎と物見櫓になんとか逃げ込むことに成功した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

3Pしようと美空にいう変態のエリカ

美空は牡丹の救出を優先しようとしていたが、女の喘ぎ声が聞こえてきたのでその邦楽へといくと、柴の妹を名乗るエリカが化け物にアソコを舐めさせていた!

エリカは美空に鬼にヤラれて気持ちよかったはずだというと、美空に縛られても感じてしまうだけだった

美空は大地のことを聞いても、エリカは3Pしないと教えないというので、美空はエリカにキスしたがそれを良太郎が止めてしまった

それでエリカは興ざめだと言って去っていったが、エリカは何かの鍵を残していた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラ👇

鬼獄の夜 1~10巻の感想

美空の弟の晴馬は鷹介たちと一緒に贄取塚へとBBQに行きましたが、顔無し鬼などに襲われてしまって殺されてしまいました

どうやら顔無し鬼は動くものに反応するみたいですが、それを知らない晴馬たちがやられてしまったのは仕方がないでしょう

晴馬と茜は死んでしまいましたが、なんとか鬼や柴から逃れた牡丹と鷹介がどうなったのかが気になります

美空は良太郎や大地を連れて贄取塚へとやってきましたが、やはり晴馬たちと同じように顔無し鬼に襲われてしまいました

でも良太郎は贄取塚に伝えられていた詩に従って鬼をやり過ごすことができたので、なんだか頼もしい男のようです

大地は柴に何かのカプセルを飲まされてしまっておかしくなっていますが、目玉から蟲が湧いていたので、もしかしたら鬼になってしまう薬なのかもしれません

なんとか柴や鬼から逃れることができた美空と良太郎は、牡丹を救出しようとしています

でも柴の妹を名乗るエリカに見つかってしまったので、エリカが何を考えている奴なのか分からない面はありますが、また柴や鬼に襲われてしまうでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「鬼獄の夜」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?