嘘とセフレ 6~10巻~夜中にフェラしていたことを認めた由紀のアソコに指を挿れてしまって部屋を追い出されてしまう京太郎 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『嘘とセフレ』6~10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『嘘とセフレ』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『嘘とセフレ』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

嘘とセフレ 6~10巻ってこんなお話

由紀がフェラしていたと気づく京太郎

京太郎は花奈が目を覚ましても、まだ寝たふりしていただけだと思い込み、激しく突き始めた

そして京太郎は花奈の最奥でそのままイこうとしたが、花奈に危険日だと止められて仕方なく背中に出した

京太郎は翌日も元気だったが、二日酔いの達也に由紀と二人だけにして欲しいと頼まれたので、お酒がやっぱり残っていたと言って二人っきりにしてあげた

 

達也たちと別れた京太郎は、花奈を林に連れ込みまたセックスを始めてしまった

達也は由紀と二人っきりになったので、由紀とセックスしようと抱きついたが、由紀は達也とはヤリたくないと言って断ってしまった

達也と別れた由紀は道を歩いていると、京太郎が花奈にスパンキングしながらバックから突いているのを目撃してしまった

京太郎はまた花奈の中に出してしまったが、花奈は昨夜のフェラのことをやはり知らない様子だったので、京太郎はようやくフェラしていたのは由紀だったのだと気づいた

 

⇒『嘘とセフレ』を無料試し読み

 

とうとう由紀とセックスしてしまう京太郎

それで京太郎は帰ってくると由紀の部屋に強引に行くと、冷蔵庫の前に立っていた由紀にアソコを押し当て、フェラしていたのは由紀だったのかと訊ねた

最初は由紀はとぼけていたが、京太郎はやっと由紀がフェラしていたことを認めたので、ヤレると思って由紀のアソコに指を挿れた

するとびっくりした由紀は、指を抜くように叫んで京太郎を部屋から追い出してしまった

 

それから京太郎は由紀とセックスする妄想をするようになってしまった

しかし沙織が由紀と一緒に飲もうと誘ってきても京太郎は断っていたが、夜に由紀が沙織の部屋から出てきて誘っているのだと感じた京太郎は、もう一度だけフェラして欲しいと頼み込んだ

由紀はフル勃起した京太郎を見て沙織と絶対にヤルなというと、とうとうフェラし始めた

それで挿れたくなった京太郎はアソコを由紀のアソコに擦りつけ、ついに挿れてしまった

由紀を突き始めた京太郎だったが、最後は背中に出してしまった

 

由紀は京太郎とセックスした後、部屋に戻ってくると沙織から何かあったのかと聞かれてしまった

ドキドキしながら由紀はお酒のせいだろうと答えたが、沙織はどうして由紀の体が濡れているのかと思ってしまった

 

⇒『嘘とセフレ』を無料試し読み

 

由紀の部屋に強引に入り込みセックスしてしまう京太郎

京太郎はやっと由紀とセックスできたが、元カノとはセックスしまくったことが原因で別れていた

それを思い出していた京太郎は、あの後から由紀が自分を避けていると感じていた

それで由紀の部屋までやってくると、やはり由紀は冷たい感じで帰るようにいったので、引き下がりたくない京太郎は、由紀の部屋に強引に入り込んだ

 

由紀はケンカになりたくないから最近は部屋に京太郎たちの部屋に来ていなかったのだというと、京太郎は実家に帰る前にヤリに来たと言った

すると由紀はアソコを咥えて一気に抜いてあげると、気が済んだハズだと言った

しかし京太郎のアソコはそんなことでは萎えず、京太郎は由紀をベッドへと連れていくとまたセックスを始めた

京太郎はまた中出ししたいと言っても、やはり由紀は許してはくれなかった

 

⇒『嘘とセフレ』を無料試し読み

 

沙織の妹の小雪にアソコを押しつけてしまう京太郎

また由紀は機嫌が悪くなったので、気落ちしながら京太郎はバスで実家へと向かい始めた

そこに女子高生たちがバスに乗り込んでしまったが、京太郎は昔雨で濡れた沙織と一緒にバスに乗ったことを思い出し、勃起してしまった

ヤバいと思った京太郎は、バスが揺れて一人の女子高生にビンビンのアソコを押しつけてしまったが、その女子高生は沙織の妹の小雪だった

昔は一緒に仲良く遊んでくれた小雪だったが、やはり中学生になると距離ができてしまい、今でもそんな感じで突き放されてしまった

 

実家についた京太郎だったが、やはり田舎ではやることがなく暇を持て余してしまった

そこで花奈に電話をかけたりしていた京太郎は、そのままつい眠ってしまった

達也が由紀とのセックスを見せつけ、それを見ているのを沙織に見られてしまうと最悪な夢を見た京太郎は、何か悪い予感がしてしまった

それで達也に電話をかけてみると、なんと達也は花奈にスパンキングしていた!

 

>>>『嘘とセフレ』を無料試し読み

 

嘘とセフレ 6~10巻の感想

由紀は自分から京太郎にフェラしていたので、達也に関心がない訳ではないようです

でもなかなかフェラしていたことを認めようとせずに、セックスしてもすぐに機嫌が悪くなってしまうので、京太郎は戸惑っています

一つには沙織が京太郎と姉弟同然の関係なので、それで肉体関係がバレてしまうと沙織との関係が悪くなってしまうことを恐れているということはあるでしょう

でもそれならコッソリと自分の部屋でヤッたりもできるので、他の理由もあるような気がします

京太郎は花奈も自分のセフレのように思っていますが、もともと達也のセフレで達也は由紀に拒まれてしまったので、達也もかなり欲求が溜まっているようです

今のところは京太郎がおいしい思いばかりしているので、達也は京太郎に花奈は自分のセフレだと見せつけるようになりそうな気がしますね

 

⇒『嘘とセフレ』を無料試し読み👆

 

「嘘とセフレ」を実際に読むには?

この記事を読んで『嘘とセフレ』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

© 2021 まんがの杜