全力で、愛していいかな? 1~5巻~いきなりコクってきたことを謝ってきた一恋に好意を抱きお試し交際をしようと言ってラブホに行ってしまう千世 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『全力で、愛していいかな?』1~5巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

全力で、愛していいかな? 1~5巻ってこんなお話

いきなり一恋にコクられてしまう千世

千世は男たちばかりの建設現場で働いていたので、いつもセクハラを受けていた

それでおっさんが嫌いだった千世だったが、唯一気が許せるおっさんが一恋だった

一恋は大手外資系の副社長をしていてイケオジな感じだったが、いつも千世は一恋と気兼ねなく会話していた

すると一恋は千世を外でランチしようと誘ってくると、いきなり好きだとコクってきてしまった

千世は誰かと付き合う気はなかったので戸惑ってしまい、とりあえず保留にしても一恋は返事を待つと言ってくれた

一恋にどんな態度を取っていいか分からなくなってしまった千世は駅で一恋を見つけたが、一恋が手を振ってもついそっぽを向いてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

一恋にお試し交際しようと言ってラブホに行ってセックスしてしまう千世

いけない態度を取ってしまったと思った千世は、一恋に謝ろうと思っていたがなぜか一恋は姿を現さなくなってしまった

あんな態度を取ってしまったからだと千世は思っていたが、やっと一恋がいつもの店に姿を現すと出張だったと言っておみやげまでくれた

それで千世は一恋を夕食に誘ったが、シャツを汚してしまうと一恋は千世にワンピースを買ってくれた

夕食を一恋と食べた千世だったが、なんと一恋はホテルを予約していて先日コクったことを謝ってきた

またランチで会って欲しいと気遣いをする一恋に、千世はお試し交際しようというとつい一恋に抱きついてしまった

そのまま一恋とホテルに行った千世は、シャワーを浴びに浴室に行ったが、自分の下着があまりにボロボロでヤバいと思ってしまった

それで裸にバスローブをまとって一恋の所に戻った千世に、一恋はヘアコロンをつけてくれた

一恋はすぐにセックスしようとはせずに、二人はしばらくの間抱き合っていた

すぐにヤろうとしない一恋の大人な態度に、千世はついセックスしてもいいと思い始めていると、一恋はムリにセックスしなくてもいいといってくれた

それでドキドキしてしまった千世に一恋は自分の鼓動を聞かせながら好きだと言ってくれたので、ついに千世はOKサインを出した

一恋は千世のアソコを指でほぐし始めるとすぐに千世はイッてしまい、そのまま一恋に体を許したのだった

翌朝、一恋はお試し交際の期間を3ヶ月と決め、その間は千世を全力で愛していくと言ってくれた

それでキスはよかったと言ってしまった千世は、恥ずかしくなってシャワーを浴びにいった

しかしこれまでの男のようにイタイだけのセックスをしない一恋には好意を抱いていた千世だったが、まだ自分の気持ちが本当なのか分からない状態だった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

悪ガキたちにボコられていて助けてくれた千世が好きになった一恋

一恋が千世を好きになる前は、誰と付き合っても気持ちが熱くなれなかった

それで家族や友人がいればいいやと思っていた一恋だったが、ある日落書きしていた悪ガキたちを注意すると、キレた悪ガキたちは一恋をボコってしまった

そこに偶然通りかかった千世は、柔道をやっていることもあって悪ガキたちを簡単に退治してしまった

そして千世はすぐに警察や救急車を呼んですぐに去ってしまったが、そんな千世の姿が一恋の中で強烈に印象に残ったのだった

一恋は千世にお礼を言いたいと思っていたので千世を見つけると、働いている建設現場を発見して近くの店で千世を待ち伏せしていた

ようやく千世がやってくると、声をかけようと思っていたのに千世のほうから隣に座ってくれた

なかなか声をかけられなかった一恋だったが、千世が店を去ろうとし始めたのやっと声をかけると、千世は一恋のことを覚えていてくれたので、一恋はまた会う約束をしてそれからときどき会うようになっていた

千世とセックスできた一恋だったが、強引だったと反省していた

しかしそんな一恋に部下の潤は好きな子とセックスできたのだから後悔する必要は無いはずだと言われてしまったが、一恋は千世が上司からセクハラを自分に相談していたから気にしているのだと言った

そんな二人の会話を聞いていた社長は、一恋はフラれるつもりでコクったので、もしかしたら千世はそんな一恋に忖度してお試し交際をしようと言ったのかもしれないと言った

その社長の言葉を聞いた一恋は、これからは千世とはプラトニックな恋をしようと決意したのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

自分から一恋にセックスしようと言ってしまう千世

千世はまた一恋とセックスするかもしれないと思い、奮発して高価な下着を買った

それを着て一恋とのデートに臨んだ千世だったが、一恋はなぜかセックスしようとはしなかった

一恋の部屋に行っても一恋は千世と距離を取ってしまったので、千世はこの前のセックスで自分はマグロだったからセックスしないのかもしれないと思ってしまった

一恋は千世と映画を観てもお茶を淹れに向かい始めたので、千世は自分からセックスしたいと一恋に言ってしまった

千世にそんなことを言われた一恋は、千世の服を脱がせ下着を見ると、照れて一瞬固まってしまった

マグロじゃだめだと思った千世は、自分は何かしないといけないかと一恋に聞くと、一恋は自分に身を任せてくれたらいいと言ってくれた

また千世とセックスしてしまった一恋は、社長に電話をかけて相談し始めたが、社長は一恋が恋愛のことで悩むのは初めてなので内心は喜んでいた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

紅山から迫られていた千世を助けてあげる一恋

紅山にラブホに連れ込まれそうになったときの夢を見てしまった千世は、気分を変えるために一恋と温泉のある施設にデートに行った

千世がいつも食べている和パスタを一恋と食べていると、他の女性たちが一恋をチラチラ見ていることに気がついた

一恋と本当に付き合ったら他の女性たちに狙われることも覚悟しないといけないと思った千世は、マッサージを受けに行った

一恋を待っていると会社の人たちが声をかけてきて、デザイン開発部の人たちも来ていると言った

そこにデザイン開発部の人たちも来ていて、その中には紅山もいたので千世は嫌な気分になったが、それを隠して紅山に挨拶をした

紅山は千世の肩を馴れ馴れしく触りながら、自分たちに合流するように迫ってきたが、そこに一恋がやってきて紅山から引き離した

それでも紅山は一恋に一緒に合流しようと誘ってきたが、一恋は自分たちのプライベートを大事にしたいというと、紅山の誘いをキッパリと断ってくれたので、千世はホッと安心することができた

千世はもともとはデザイン部希望だったので、飲み会でそれを紅山に話してみると、紅山はそれから千世に気さくに話しかけてくるようになった

最初は千世はそんな紅山に好意を持っていたが、次第に紅山は千世に馴れ馴れしい態度を取るようになると、体を触ったりし始めた

そしてある飲み会の帰り道で、紅山は千世を強引にラブホに連れ込もうとしたので、それから千世は紅山と距離を取るようになり、先輩からは紅山は純朴な女の子を狙うクセがあると聞いたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

紅山に格の違いを見せつける一恋

一恋は温泉からあがって浴衣を着ていると、近くで紅山が千世のことを話していた

紅山は一恋がいるのを確認しながら、千世は肉食系な奴だと言っていたが、一恋はそんな紅山に余裕の笑みを見せながら脱衣所を出ていった

千世は先に温泉を出てきてアイスが食べたいと思っていると、和パスタ屋の人が声をかけてきた

なぜか和パスタ屋の人たちは腰を低くして千世にお礼を言っていると、そこに一恋がやってきた

千世は施設の関係者なのかと一恋に訊ねると、和パスタ屋の人たちは一恋はこの施設の立ち上げメンバーの一人なのだと教えてくれた

すると一恋はお願いがあるというと、千世の会社の人たちを貸し切り部屋に招待してあげ、紅山に格の違いを見せつけてやったのだった

千世は部屋に戻ると、一恋の関係している施設に連れてきてしまったと謝ったが、一恋は自分の関わった施設で千世とデートできてよかったと言ってくれた

そんな一恋の言葉に感激した千世は、つい一恋の胸に飛び込んでしまうと、一恋は千世にキスをしてくれた

そして一恋は千世をお姫様抱っこしてベッドに連れていったが、強烈な眠気が襲ってきてしまいセックスせずに寝ることになった

それでも千世はそんな一恋がカワイイと思いながら眠ってしまったが、一恋は…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

全力で、愛していいかな?1~5巻の感想

千世はデザイン開発部の紅山にセクハラされた上に、強引にラブホに連れ込まれそうになったことがトラウマになっていました

それで恋愛から遠ざかっていた千世でしたが、イケオジな一恋に出会って恋愛に向き合えるようになってきています

紅山は恋愛慣れしていない女の子を自分に惚れさせ、ヤリ捨てているみたいです

一恋に格の違いを見せつけられてしまいましたが、そう簡単には引き下がらないでしょうね

一恋は今まで付き合った女の子には本気にはなれずにいて、親からも半分諦められていました

でも千世が悪ガキたちから助け出してくれたので、そんな千世に惚れてしまいました

一恋は仕事がデキる男で普段は助けてあげる側なので、千世に助けてもらったことが余計に印象に残ったのでしょう

恋愛慣れしているように見える一恋が、時折千世に対しては初恋をした男の子のような姿も見せるところがとてもカワイイですね

まだ二人はお試し交際中ですが、3ヶ月後に本当に付き合うようになるのかどうかが気になってしまいますね!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「全力で、愛していいかな?」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね