御手洗家、炎上する 8巻~真二が火事を起こしていたとバレると精神がもたないと思って庇って警察に自首していた希一 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『御手洗家、炎上する』8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『御手洗家、炎上する』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『御手洗家、炎上する』を検索して試し読みしてみて下さい♪

御手洗家、炎上するは電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

御手洗家、炎上する 8巻ってこんなお話

何かドス黒いものを思い出してしまう真二

真希子は誰かを匿っている可能性があるので逮捕されず、その連絡が杏子に入った

それを希一に話すと、希一は何故か突然デートの行こうと誘ってきた

家出していた真二は、家を継がずに海外の医療ボランティアをするつもりでいた

しかし真二は教授に前向きに考えさせて欲しいと言っていたが、何かどす黒いものを思い出してしまった

警察に自首してしまう希一

大沼に事情を聞かれていた真希子だったが、前回と違って突然自分が放火したと言い出した

しかし大沼は、調査資料で希一が悪ガキたちとの付き合いがあったことをいうと、真希子は必死に希一はやっていないと言い出した

だが真希子は、希一が放火すれば証拠隠滅ができると言っていたことを思い出していた

杏子とデートに出かけた希一だったが、人気のない林に杏子を連れて言った

そして全部を捨てて自分と逃げてくれるかと意味深なことを聞くと、星空の見える場所へと連れて行き、なぜか謝ってしまった

希一は杏子と別れて翌日、警察署へ自分が御手洗家に放火したのだと言って自首してしまった

その連絡を受けた柚子たちが御手洗家に行くと、やけっぱちになっていた真希子は家で酒を飲みまくっていた

柚子たちに遅れて杏子がやってくると、真希子は急に不機嫌になったが、杏子は本当に希一が放火したのかと訊ねた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

突然自分がやったと土下座し始める真二

火事の日の当日、真希子は皐月から盗った物を返しに行ったが、ニットの服だけ返し忘れてしまった

それでもう自首しようかと思っていた真希子だったが自首できず、御手洗家の前まで行くと、御手洗家は火事になっていた

真希子は土下座していた皐月を見て、これで盗みの証拠も無くなったので安心していた

だが不審者がいたというニュースが流れていたので、燃やして証拠を燃やせばいいと言っていた希一の仕業だと思っていたのだ

杏子は真希子が放火したかもしれない希一を匿っていたのは犯罪だというと、それで希一を逆に追い込んで人生を台無しにしてしまったのだと責めた

杏子に責められてヤケになった真希子は、ついライターの火を落としてしまうと、お酒に引火してしまった

杏子たちが消火しようとしてもなかなか火は消えなかったが、杏子と真希子の会話を聞いていた真二は身を挺して火を消すと、土下座して杏子に自分が火をつけたのだと謝罪し始めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

火事になって恐くて逃げてしまっていた真二

幼い頃の真二は何をしてもとろくて、みんなからバカにされていた

それで学校に行くのが嫌になった真二は、学校をずる休みして御手洗家に行ってゲームなどをしていた

皐月は学校に行くように言っても、真二はここしか居場所がないのだと言ったので、皐月は真二が可哀想になってそれ以上言うことが出来ないでいた

また真二が御手洗家にやってきたが誰もいない様子だったので、勝手にお菓子を食べていると皐月が作ったカレーに目がとまった

それを温めて食べようとした真二だったが、自分の服に火が引火してしまい、そのまま火は燃え広がってしまった

ヤバいと思った真二は、自分で火を消そうとしたが消すことができず、怒られるのを恐れてそのまま逃げ去ってしまった

誰かが気づいてくれるだろうと思ってコンビニでご飯を食べた真二は、また御手洗家に戻ってくると火は家全体に燃え広がっていた

それで見つかるとヤバいと思った真二は、御手洗家から離れようとしたが、その際に杏子に目撃されていた

家に戻ってきた真二は皐月のニットの服を押し入れに隠すと、真希子がカレーを作っていたので書き込みながら食べた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

柚子と再会して火事のことをもみ消そうと考えるようになっていた真二

見つかるかもしれない真二は、ご飯を食べても吐いてしまうようになっていた

だがそれから真二の人生は大きく変わっていった

真希子が治と再婚すると、それまでは貧乏な生活だったのに、一気に裕福な生活をすることができるようになった

周りの反応も劇的に変わり、友達もできて女の子にコクられたりするようになった

学校も私立の高校に行けた真二は、お金さえあればこんなにラクな人生を送れるようになるのだと思うようになり、あの日の火事のこともあまり思い出さなくなっていた

そして希一が大学を辞めてしまうと、そんな希一に無性に腹が立つようになって責め始めるようになっていた

真二は医学部に入学すると、ある日友達から飲み会に誘われた

仕方なく参加すると、遅れて柚子が参加してきた

柚子を見た真二は、つい鬼の形相の皐月の顔が見えてしまい、柚子がまだあの火事の日のことを覚えていないか心配になってしまった

真二はそれとなく話してみると、全く柚子は火事の日のことを気にしているようすもなく、それほど生活にも困っていないようだったので、真二は一安心していた

それから真二は火事の日のことを償う意味も込めて、柚子にいろんなことをしてあげるようになっていた

しかし真希子から、柚子は自分たちのことを探っていると聞かされると、真二は柚子の真意を知りたくなり、必死に柚子を探し始めた

すると偶然に道で柚子を見つけると、柚子は真二を皐月に会わせた

記憶を無くしてやつれ果てた皐月を見た真二は、柚子に力になりたいと言って励ますフリをしながら、火事の日のことはもみ消さないといけないと思っていたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

土下座して謝る真二に罪を背負って生きていくように諭す皐月

真二の話を聞いた柚子は、それまで見せていた真二の優しさは見せかけだったのかと言って泣き始めてしまった

真二はそんな柚子にまた優しくしようとしたが、それを杏子は見せかけの優しさで傷つけるなとキレた

お前がサッサと白状しなかったから、自分たちは苦しんできたのだと責められた真二は、また土下座して杏子たちに謝罪し始めた

希一は自首したので警察署で取り調べを受けていたが、真二がやったと自白したのでそれを治が大沼に知らせてきた

どうして真二を庇っていたのかと聞かれた希一は、バイトから帰ってきたら真希子の様子がおかしかったので、真希子が放火したのだと思っていたと言った

しかし真二の様子がおかしかったので、それで真二が放火したと思った希一だったが、真二は気が弱いので、警察に捕まって世の中の人から責められたら終わってしまうと思って身代わりになったのだと話した

杏子たちに連れられて真二は皐月の病室へと連れてこられた

そして皐月に自分がやったのだと白状すると、皐月はそんな真二が立ち直れるようにあえて自分は真二をずっと恨み続けると言った

大沼が真二を警察署に連行しようとし始めると、皐月は真二に恨むということはその人を心にずっと棲まわせることなのだというと、それを忘れてはいけないと言って真二に罪を背負って生きていくように諭した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

杏子を選んだ希一

結局、真二は当時小学生だったこともあり、罪に問われることはなかった

真希子は真二に自分がマスコミをなんとかすると言っても、真二はそれを拒み病院での臨床実習をし始めた

しかし患者たちは真希子の息子だと言って診察を拒まれてしまったので、やはりショックで部屋で落ち込んでしまった

そんな真二に柚子が…

家出していた希一は、まともな仕事ができないのでネットカフェ暮らししながら日雇いの仕事をしていた

そんな真二を探していた真希子は、また自分がずっと希一を守り続けると言ってきた

真希子は治と協議離婚することになり、ネットでまた稼ぎ始めていた

杏子はクレアと真希子の行動を見張っていたが、とうとう真希子に見つかってしまった

真希子は希一を連れて逃げようとしたが、杏子は真希子たちに追いつくと、自分に希一を渡す様に求めた

希一は一旦は真希子について行こうとしたが、杏子は世の中の人たちがなんと言おうが自分が言い返してやると言ってあげると、希一は杏子を選んだ

そんな様子を見た真希子は、希一が自分から離れてしまったのだと気づき…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

1年後の杏子たち

1年後

御手洗家の病院は、再開するか決めるために家族会議が開かれた

治の姉たちは延期を求めてきたので、治は折れかけてしまいそうになったが、まだ御手洗家に残って一人前の医者になろうと頑張っていた真二は、頑として再開すると主張した

それで病院は再開することになり、真二は研修医として頑張っていた

そのことを治から聞いていた皐月だったが、治は皐月に復縁を迫るような素振りを見せてきたが、皐月は自分はドイツに留学するのだと言ってキッパリと拒んでしまった

真希子は一人でネットでまた稼いでいる様子で、杏子はクレアとオーダーの服を売る店を立ち上げていた

希一はシステムエンジニアとして働き始めていたが、いつも帰りは遅くなっていた

杏子はある日、仕事を終わらせ帰宅していると、希一からご飯のリクエストが届いた

杏子は希一も仕事が忙しいハズだと返信していると…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

御手洗家、炎上するを最初から読むならコチラ👇

御手洗家、炎上する 8巻の感想

御手洗家の火事の原因は、一番まともそうに見えていた真二が原因でした

真二も意図的に火を放った訳ではありませんが、やはり火事を放置して逃げてしまったのはいけなかったですね

それがなければ杏子たちや希一たちの人生も、もっと違ったものになったことでしょう

真希子もいろいろ腹黒いところはありましたが、犯人だと思っていた希一をずっと庇おうとしていたので、まともなところも残っていたんだなと思いました

ずっと引きこもっていた希一は、ずっと保護していた真希子から離れることができたので、やっとまともに仕事ができるようになっていました

確かに小さい頃には親の保護も必要ですが、やはり真希子のようにずっと小さい子供のように保護し続けようとするのは、子供にとっても害でしかないでしょう

真希子もやっと子離れできて、それなりにネットで稼いでいるみたいなので、それはそれでよかったのかもしれません

真二も皐月からずっと罪を背負って生きていくように言われ、御手洗家に残って医者として地域の人たちのために頑張るつもりのようです

そんな真二を柚子は影から見守っているようなので、真二が一人前の医者になれたら柚子と一緒になれるかもしれませんね

杏子もクレアとお店を開いて頑張っているみたいですが、希一ともうまくいっているようだったので、最後は安心できるラストでした

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「御手洗家、炎上する」を実際に読むには?

この記事を読んで『御手洗家、炎上する』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『御手洗家、炎上する』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『御手洗家、炎上する』を検索してみて下さい♪

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜