致死量の果実~汗も尿も甘い双子 21~25巻~車に轢かれた和子を病院に送り喉が渇いたのでつい藍のおしっこを飲んでしまう克彦 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』21~25巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を検索して試し読みしてみて下さい♪

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 21~25巻ってこんなお話

和子の家に戻ろうとする藍を止める桂

桂は順子たちが和子を追いかけていったので、藍を連れて和子の家を脱出した

和子を探していた順子たちだったが、急ブレーキの音がしたので行ってみると、和子は車に轢かれて倒れていた

克彦がすぐに救急車を呼ぶと、まだ意識のあった和子は藍たちの母親はバカなお人好しだと言って気を失ってしまった

和子の家を脱出した藍たちは、神社にひとまず逃げ込むことにした

雨に打たれてしまったので二人は凍えてしまい、藍は和子に家に戻りたいと言ったが、桂は順子や克彦も信用できないというと、和子に殺そうとしていたことがバレたので戻れないと言ってが止めてしまった

藍のおしっこを飲んでしまう克彦

克彦が藍たちが和子の家から逃げ出してしまったことに気づき、喉が渇いたの台所へと行った

そこにあった藍のおしっこを知らずに飲んでしまった克彦は、もうひと瓶もポケットに入れて二人を探しに向かった

病院に運び込まれた和子はまだ意識が戻らず、医者は今夜が山だと言った

睡眠薬が検出されたが、順子が寝つきが悪かったからだとウソをつくと、それで事故ってしまったのかもしれないと言った

病院を出ることにした順子は、ふとこのまま和子が死んだらと思ってしまったが、やはりちゃんと養子話をすることに決めた

熱を出した桂を人肌で温める藍

神社には毛布があったので、藍たちはそれに包まって寝ることにしたが、藍はこのまま自分だけが逃げても、桂は佐武を殺してしまうだろうと思っていた

すると桂は雨に濡れてしまったせいか、熱を出してしまったので、藍は人肌で温めてあげた

そんな中、克彦が探す声が聞こえてきたので、藍はそれに応えようとしたが、桂は克彦を信用していなかったので止めてしまった

藍たちを探していた克彦は、藍のおしっこを飲んでしまったので中毒になってしまい、喉の渇きを覚えていた

そんな克彦は松枝の言葉を思い出し、和子の家で飲んだ液体が藍のおしっこだと気づき、ポケットに入れていた藍のおしっこをまた飲んでしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

藍の裸を見て勃ってしまう桂

和子は山場を越したが意識は戻らず、順子はとりあえず和子の家に向かった

順子は克彦がいなかったので、藍のおしっこを持って佐武の病院へと向かった

やっと体調が戻った桂だったが、藍が裸で眠っていたのでアソコが勃ってしまった

それで桂は自分が松枝のような客になってしまうことを想像してしまうと、そうなってしまってはダメだと思い、藍を守ってやると思いながらまた眠ってしまった

果物屋で札束を出して買い物しようとする桂

佐武の病院にやってきた順子は、佐武に藍のおしっこを渡すと、和子が轢かれたことを話した

順子は二人が逃げたので佐武が死んでしまうというと、自分は死んでもいいという佐武に、自分にとっては大切な存在なのだと言ってあげた

藍たちはお腹が空いてしまったので、和子の金で果物を買うことにした

それで桂は藍には神社の外には出ないように言って、一人で和子の家に戻ることにした

しかし藍はおしっこをしたくなったので、外に出てしまった

桂は和子の家に戻ると、和子が隠していた大金を見つけた

その金を持って果物屋に行った桂だったが、桂はどのくらいのお金で買えるか分からなかったので、店の人に札束を出してしまった

克彦は一旦自分の家に戻ったが、やはり中毒のせいで喉が渇いて仕方がなかったので、藍たちを探しに出た

すると神社で藍のおしっこの匂いがしてきたので、二人は神社にいるのではないかと思った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

致死量の果実~汗も尿も甘い双子の続きはコチラ👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 21~25巻の感想

和子は殺されてしまうと思い、家から逃げ出しましたが車に轢かれてしまいました

なんとか一命を取り留めた和子ですが、まだ意識不明の重体です

確かに和子が死んでしまったら、藍たちは和子に搾取されなくなりますが、果物屋で買い物していた桂を見る限り、ただ金があればいいという感じではなさそうです

佐武が中毒なので順子は佐武のために、二人を世話してくれそうな気がしますが、桂は順子を信用していないのでムリでしょうね

克彦も誤って藍のおしっこを飲んでしまって中毒になってしまったので、このままだと桂にいいように使われてしまうことになるかもしれません

ひとまず神社に逃げ込んだ藍たちですが、このままずっといられる訳ではないので、どこかに住まないといけません

エロオヤジの松枝の所に養子に行くのも危険なので、二人はこの後どうするのか気になってしまいますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「致死量の果実~汗も尿も甘い双子」を実際に読むには?

この記事を読んで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を検索してみて下さい♪

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜