致死量の果実~汗も尿も甘い双子 26~30巻~桂のおしっこを飲んでしまい佐武を助けたい一心の順子を犯してしまう克彦 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』26~30巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を検索して試し読みしてみて下さい♪

下の書影をクリックして試し読みボタンを押して実際に読んでみましょう👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 26~30巻ってこんなお話

中毒になった克彦に自分をたちを匿うようにいう桂

藍は神社の中に入ってきたので桂だと分かってホッとしてした

桂は藍のために服を買ってきてくれたので、その服を着た藍はとても嬉しがった

ご飯の果物を食べ始めた二人だったが、桂がその果物を札束で買おうとしていたところを見ていた男が現れ、金をたかり始めてしまった

その男は藍を見るなり藍をレイプしようとしたので桂が止めようとしたが、ずっと和子の家の中にいた桂は簡単に吹っ飛ばされてしまった

そこに克彦が現れて助けてくれたが、克彦は中毒になっていたので藍におしっこが欲しいと言い出した

和子が重体だと聞いた桂は克彦を利用しようと思いつくと、中毒になった克彦の家に匿うように求めたのだった

佐武を助けたい順子の弱みにつけ込みセックスしてしまう克彦

仕方なく二人を自分の部屋に連れてきた克彦だったが、桂から二人の体液は少し効果が違っていることを聞いた

桂は克彦を脅して和子の家から金を盗ってくるように要求したが、克彦は盗みなんてできないと拒んだ

しかし桂は和子の金は自分たちを使って得た金なので、自分たちの金だとキレ始めた

それはもっともだと思った克彦は、桂の要求に従って和子の家から金を盗ってくることにした

和子の家にやってきた克彦は、間違って桂のおしっこを飲んでしまうと欲情してしまった

そこに順子がやってきたので、佐武が中毒になっていると聞いて、順子に金より順子とセックスしたいと要求した

順子は戸惑いつつも、佐武を助ける方法が他に見つからなかったので、克彦の要求を飲んでしまった

順子からOKをもらった克彦は、桂のおしっこを飲んでしまったせいもあり、そのまま順子とセックスしてしまった

順子は克彦とセックスした後、佐武に渡すおしっこは藍のものだけにして欲しいと頼んだ

克彦は藍のおしっこは落ち着け桂のものとは違うことを聞くと、順子が藍のおしっこの入っていた瓶を見つけたので、誰かが盗みに入ったのだとウソをついた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

藍と銭湯に行く克彦

和子の家にあった金を見つけた克彦は、帰宅するとその金を桂に渡した

すると藍がお風呂に入りたいと言い出したので、克彦は金を守っているように桂にいうと、藍を連れて銭湯へと向かった

克彦は藍だけを銭湯に入らせ、自分は外で待機していることにした

銭湯に入った藍だったが、他の女性がいい匂いがすると言いだしたので、自分の匂いだと気づかれる前にすぐに銭湯を出てしまった

克彦は藍が早く出てきたので、少し遠回りして和子の家で順子に頼まれたことを伝えた

藍は佐武のためだと知ると快諾してくれたので、克彦は佐武との関係を訊ねてみた

すると藍は桂が嫉妬して佐武を中毒にさせてしまったことを話すと、和子の家にずっといたので自分しかいないからだと言って庇ったが、内心は桂がドンドンヤバい方向に進んでいると感じていた

ゲッソリしていた松枝を見て二人を縛りつけておこうと決める克彦

克彦はずっと仮病を使えないので、職場の探偵事務所に出勤した

するとずっと松枝から連絡がきていたことを知った克彦は、報告と調査費をもらわないといけないので、松枝の家に行くことになった

克彦は松枝の家に行くと、藍たちは行方不明になったと言って調査を終わらせたいと言った

しかし松枝の息子の正樹は、必死に調査を続けて欲しいと懇願していると、克彦の声を聞いた松枝が呼び始めた

松枝の部屋に行くと、藍のおしっこが飲めない松枝はゲッソリしていた

おしっこを飲まないとこうなってしまうのかと内心驚愕していた克彦だったが、松枝は克彦から藍の匂いがすると騒ぎ始めてしまったので、克彦は逃げるように松枝の屋敷から去っていった

果物を買って帰ってきた克彦に、藍はコッソリ佐武のためにおしっこを貯めていると言ってきた

桂は克彦の持っていた猟奇的な雑誌などを読んでいたので、そんなだから飲んでしまうと興奮してしまうのだと思った

そして松枝の様子を思い出した克彦は、このまま二人をずっと自分の部屋に縛りつけておかないといけないと思うようになっていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

致死量の果実~汗も尿も甘い双子を最初から読むならコチラ👇

致死量の果実~汗も尿も甘い双子 26~30巻の感想

藍のおしっこを飲んで中毒になっていたエロオヤジの松枝でしたが、藍のおしっこを飲めなくなってスゴくゲッソリしていました

それで金に糸目を付けずに探していた訳ですが、やはり飲まないままだと死んでしまうのでしょうか

克彦は誤って藍のオシッコを飲んでしまったので中毒になってしまいましたが、桂のおしっこも飲んで興奮して、順子を犯してしまいました

かなり後では後悔していた様子でしたが、最後は藍たちをずっと監禁しておこうと考え始めていたので、ドンドン腹黒くなっているようです

今の感じだと松枝の状態を伝えて順子を脅し、また順子とセックスしようとするような気がします

なんだか克彦も和子に似てきた感じなので、克彦の思惑を知った桂は克彦殺しも考え始めるかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を実際に読むには?

この記事を読んで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

この記事を読んで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『致死量の果実~汗も尿も甘い双子』を検索してみて下さい♪

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜