明日、私は誰かのカノジョ 6巻~ついリナに嫌味を言ってしまって嫌悪感を感じてしまい楓に電話してホストクラブへまた行ってしまう萌 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『明日、私は誰かのカノジョ』6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『明日、私は誰かのカノジョ』の、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンクをクリックして、まんが王国で『明日、私は誰かのカノジョ』を検索して試し読みしてみて下さい♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

明日、私は誰かのカノジョ 6巻ってこんなお話

ハルヒの言うとおりにドンペリを開けてしまうゆあ

ゆあはホストクラブの掛けの金を支払うために、デリヘルでオッサンの相手をしていた

デリヘルで稼いだ金で期限までにちゃんと支払いを終えたゆあは、ハルヒにいつまでオッサンの相手をしないといけないのかと言った

ハルヒは自分も売上のために他の女の子を相手しているのだというと、ゆあは自分が不幸になってハルヒが幸せになっているというと、ハルヒはゆあにDVしてしまった

ハルヒはすぐにゆあに謝り優しくしてあげると、また店に来て最後までいて欲しいと頼んできた

何度もそんなやりとりをしたことのあるゆあは、またかと思いつつもハルヒのいう通りにラスソン入れてドンペリまで開けてしまった

雪をサークルの飲み会に誘うリナ

バイトしていた萌に楓から営業のラインがドンドン入ってきたが、萌は営業だと分かりつつもキチンと返信していた

リナは雪にパパ活が不調だと話してきたので、雪はまだリナがパパ活を続けていることに驚いてしまった

その上にリナは雄大とも別れていて、雪にサークルの飲み会を誘ってきたが、雪は飲み会の誘いを断ってしまった

萌には楓が池袋案内をして欲しいと頼んできたので、萌はまた営業だと思っていた

しかし楓は萌とご飯が食べたいだけなのだというと、萌が前に着ていた服を褒めてくれたので、萌は営業だと思いつつも自分のことを褒めてくれる楓の言葉がとても嬉しかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

翼と話すリナに嫌味を言ってしまう萌

リナは萌とサークルの飲み会に行くと、2次会をゆっこの店にしようと言ってきた

仕方なくサークルの仲間たちをゆっこの店に連れていった萌だったが、リナが翼とメイク話をしていたことが気に入らなかったので、ついリナには彼氏がたくさんいると嫌味を言ってしまった

すぐに嫌なことを言ってしまったことに気づいた萌は席を立つと、トイレに言っても嫌悪感は強くなるばかりだったので、リナに謝ることも出来ずに店を出ていってしまった

それで萌はつい楓に電話をかけてしまうと、楓は店を抜けて駆けつけてきてくれた

そして楓は萌のスカートを褒めてくれたので、萌はホストクラブへ戻ろうとする楓についていってしまった

楓はシャンパンコールで席を離れてしまったが、戻ってくると七星も加わって3人は飲み始めた

しかし飲み終わって萌は渡された伝票を見ると、金額が違っていることに気づいた

楓はすぐに説明不足だったというと、自分が増えた分を支払うと言ったので、それでまた萌は楓に好感を持ったのだった

楓にハンカチを返しに行こうと決める萌

萌はゆあにそのことを話してみると、ゆあはハルヒからはそんなことはされたことがないと答えた

萌は楓が貸してくれたハンカチを返しに行くのを躊躇っていたが、ゆあに後押しされて返しに行くことに決めた

ゆあはホストクラブ通いを続けるためにデリヘルの出張をすることを決めたが、それを聞いたハルヒはゆあの部屋に来てくれた

しかしハルヒはゆあがTwitterで、自分との恋を晒していると責め立てた

それでもハルヒはゆあとセックスしてくれて、体調を気遣っておかゆまで作ってくれたので、ゆあはどうして今日だけこんなことをしてくれるのだろうと思ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

親の金でシャンパンを入れてしまう萌

萌はゆっこの店には行かなくなり、その代わりに楓のいるホストクラブに通うようになっていた

しかしホストクラブは金がかかるので、もう貯金の残金がなくなっていて萌は愕然としてしまった

サークルの飲み会も行かなくなり、親にも金の無心をするようになった萌は、またホストクラブへ行ってしまった

親の金で来てしまったので、萌は罪悪感を感じつつも楓が他の客の席に行ってしまうと、シャンパンを入れて取り戻すようになってしまった

そんなことをしたことを出稼ぎ帰りのゆあに話すと、ゆあはホスト掲示板を見せてくれた

そこには楓の噂も書かれていたが、萌はそれでもホストクラブで楓を指名してしまった

また楓を取り戻すために高いお酒を入れてしまった萌は、楓から一緒にご飯を食べたいから、最後までいて欲しいと頼まれると、女性として扱ってくれるのが嬉しく、もう金がないのに最後までいてしまった

萌はリナとお茶すると、前に嫌味を言ったことを謝った

リナは気にしていないと言ってくれていると、そこに雪がやってきた

リナはいつも自分を名前で呼んでいたが、ハルヒはそんな女の子が嫌いだと書き込んでいるのを見つけてしまった

それでリナはすぐにホストクラブに行くと、また自分の名前を言おうとしてしまったので、ハルヒはそんなリナがカワイイと言ってくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

明日、私は誰かのカノジョ 6巻の感想

萌は楓は営業で優しくしてくれているのだと思いつつも、どんどん楓のことが好きになってしまっています

それが楓の作戦なんだと思いますが、萌も自分が現実では優しくしてくれる人があまりいないの、つい楓の優しさにハマってしまうのでしょうね

もう萌は貯金もなくなり、親に金の無心までしているのでヤバい仕事に手を出したりしないかも心配です

早く正気に戻ってゆっこの店で翼たちと楽しく飲んでいた方がいいと思いますが、一度行き着くとこまで行かないと目が覚めないかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「明日、私は誰かのカノジョ」を実際に読むには?

この記事を読んで『明日、私は誰かのカノジョ』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で、『明日、私は誰かのカノジョ』と検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます。是非一度、まんが王国のサイトで『明日、私は誰かのカノジョ』を検索してみて下さい♪

購入して読んでもいいという方は、実際に、会員登録してみましょう。会員登録自体は、無料でできますよ

まずは必要な分だけポイントを、500円~購入してみましょう

まんが王国を利用してみて、継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

© 2021 まんがの杜