厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

イジメの時間~ 11巻~狂ってしまった若保囲殺害計画のネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『イジメの時間』11巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『イジメの時間』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『イジメの時間』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

イジメの時間 11巻ってこんなお話

若保囲に裸踊りをさせる歩

歩は、若保囲を真魚に殺させようと思ったが

その前に、自分がさせられた

裸踊りと公開オナニーをさせようと思い直した

裸踊りをさせるために

真魚に若保囲のオムツを脱がせようとすると

若保囲は、真魚を睨みつけた

そんな反抗的な態度を見た歩は

また若保囲に暴行を加えるのだった

 

若保囲は、殺すと脅され

嫌々裸踊りを、真魚の面前でやった

しかし歩は、若保囲たちが

自分に何度もやらせたように

面白くなかったと言って

若保囲に、何度も裸踊りをさせた

 

しかし歩は、鈴木山たちの殺害を

1日延期したことで、バレないか心配になった

若保囲を、助けると言って騙し

鈴木山たちを殺害させて

若保囲を自殺に見せて殺害する

そんな計画を、考えていた

 

これで決着がつくと思っていた歩は

自分が自殺してしまうあの夢は

正夢にはならないだろうと

思い込もうとした

 

父を見て昔泣いていた母を思い出す歩

帰宅すると、見知らぬ男がいた

その男は、歩の父親だった

歩は母に、父のことを訊ね

母は父のことを話したが

歩は、何か昔、母が泣いている出来事の

記憶の断片を思い出した

 

自分が復讐していることを

母が知ってしまったときのことを

恐れる歩だったが

もう引き返せないと思った

 

平原に聞かれてしまった真魚との会話

学校に登校した歩は

このまま何事もなく過ごそうと

思っていた

しかし真魚は、若保囲を

殺害しないといけないことを

ずっと考えていたので

気分が悪くなってしまった

 

真魚が教室を出ていったので

歩もそれを追いかけて

電話を駆けて脅した

しかしその会話を

二人を追いかけてきた平原に

聞かれてしまった

トイレから出てきた真魚に

平原は事情を聞こうとしたが

歩は平原に、これは自分たちの

仲間内の問題だと言った

 

歩を心配する信二

学校を出ようとした歩に

信二が声をかけてきて

平原から歩のことを聞かれたと言った

歩が何か変わったという信二は

真魚と歩が二人で歩いているところを

目撃したと言った

 

そして信二は、歩がイジメで

苦しんでいるときに

何もできなかったので

自分も平原も、心配しているのだと言った

 

パニックになって平原に話そうとする真魚

真魚は、若保囲を殺してしまう様子を

想像してしまい

屋上から飛び降りようとした

 

しかし平原が声をかけ、それを止めた

歩は、それをスマホの盗聴で聞いていたが

状況が分からず混乱していた

平原は真魚に、事情を話すように言うが

真魚は思わず、バラすと鈴木山が

殺されると言おうとした

 

それを阻止するため歩は電話をかけた

ヤバいと思った真魚は

必死に歩にごめんなさいと謝った

真魚がパニック状態だと知った歩は

まずは落ち着かせようとした

だがそこに、平原が

電話に出て、どういうことなのかと聞いた

 

歩は、仲間内の問題だと言おうとしたが

隠しきれないと判断した

そこで歩は、真魚が鈴木山から

自分に乗り換えて

自分たちの間で、板挟みなので

苦しんでいるのだとウソの説明をした

そしてバレるとマズイからと言って

平原に口止めする歩だった

 

歩はすぐに、倉庫へ真魚を

来させようとしたが

平原が真魚を心配しているので

無理だと判断した

 

⇒『イジメの時間 』を無料試し読み👆

 

殺害実行を迷う歩

歩は、鈴木山たちのいる

倉庫の中に入った

また反抗的な若保囲の顔面を

足で踏みつけた

鈴木山の様子を見た歩は

もうヤバそうだと思った

 

歩は、このまま殺害を実行すれば

自分が疑われると思った

だが、また1日引き延ばせば

若保囲の父が動いてしまうと思い

どうするか迷っていた

 

泡を吹いて死んでしまった若保囲

すると急に若保囲は

頭が痛いので、救急車を

呼んで欲しいと言い出した

それを信じない歩に

正直者では、勝てないので

自分と同じようなやり方を

しているのだと言った

歩は若保囲に、どんなことを言っても

信用しないと言っていたが…

 

若保囲は、口から泡を吹いて

失禁してしまった

そして目から生気がなくなってしまう

歩は、死んだフリかと言って

若保囲の体を触ったが何も反応がなく

死んでしまったのだと気づいた

 

歩の罪をかぶるという鈴木山

若保囲の名を叫び

気が動転して倒れてしまった歩は

自分が若保囲を殺したのだと思った

歩は、自分が本当に

人殺しをしてしまったと気づいて

ガタガタと震えだした

 

すると鈴木山は自分のせいに

すればいいと言い出した

鈴木山は、自分が若保囲を

殺したことにするように歩に言った

歩はそんなことにしても

世間は自分を責めるという

鈴木山は、こんなことになったのは

自分のせいなので

罪は自分がかぶると言った

 

若保囲の死を正当防衛だという歩

だが歩は、自分に詫びる鈴木山を睨みつけ

そんなことをしても許さないと言った

冷静さを取り戻した歩は

真魚を使って、若保囲の死を

うまくごまかそうと思い

若保囲の死体を見て

これは正当防衛なのだと主張した

 

そして鈴木山には

死んでも墓につばを吐き

ざまあみろと言ってやると言った

 

それを聞いた鈴木山は

仕方ないと言って

ゴメンと言うと…

 

>>>『イジメの時間』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

イジメの時間~ 12巻~鈴木山が死んだと思い込み絶望して飛び下り自殺をしてしまった真魚のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

イジメの時間 11巻の感想

とうとう死者が出てしまいました

いきなり頭が痛くなって

泡を吹いて若保囲は死んでしまいました

落下事故で頭を打って

歩に顔を踏みつけられたことで

また悪化してしまったのでしょうね

最後の感じだと、鈴木山も

死んでしまったようにも見えます

次巻でハッキリすると思いますが

歩は、3人を殺して復讐を遂げた後

本当にそのまま普通の生活を

送るつもりでしょうか

仮にこの復讐が発覚しなくても

恐らく歩は、人殺しをしたことで

ずっと苦しみ続けるでしょうね

歩の復讐が、どんな結末を迎えるのか

早く読んでみたいですね

 

⇒『イジメの時間』を無料試し読み👆

 

『イジメの時間』を実際に読むには?

この記事を読んで『イジメの時間』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、既にお持ちのYahoo!アカウントでもログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.