痴情の接吻 8巻~忍がドイツへ行ってしまった寂しさが募りつい岳に弱音を吐いてしまう和華 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『痴情の接吻』8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

痴情の接吻 8巻ってこんなお話

急きょドイツ行きが決まってしまう忍

クリスマスが近づいてきたある日、忍は薫とアンナがデートすると和華に話していた

その話を聞いた和華は自分たちもしようというと、忍はクリスマスマーケットへ行こうと言った

2人はクリスマスマーケットにやってくると、並べてあった商品を見て廻った

すると忍は昨年のクリスマスの話をすると、今年は2人で一緒に過ごそういうと付き合い始めてもう一年になるのかとしみじみと言った

それから2人はご飯を食べ始めると、忍は和華の手をとりデートに誘ってくれたお礼を言った

和華は顔を赤らめながら忍が喜んでくれたら嬉しいからだというと、そんな和華を見た忍は大好きだと言いながら、和華の手にキスし始めてしまった

しかしそこに薫から電話がかかってきて…

忍の母親が倒れてと連絡を受けて、忍は急きょドイツへ行くことになった

忍は和華のことを心配してくれたが、和華は大丈夫だと言いつつも、行く前に一緒に寝て欲しいとおねだりしてしまった

ベッドに行っても和華は元気がない様子だったので、忍はそんな和華に優しくキスして抱いてくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

忍に大丈夫だと言いつつ涙が溢れ出てしまう和華

忍がドイツへ行ってしまうと、職場の人たちは和華たちのことを心配してくれた

家に帰っても1人な和華は残り物でご飯を作り食べたが、やはり忍がいないと部屋の中は静かすぎた

それで和華は読書にも集中できないでいると、そこにドイツから忍が電話をかけてきた

忍は母親は大丈夫だと言ったので和華はホッとしていたが、忍はまだ何かありそうだったがそのときは話してくれなかった

和華は翌日、働きながら忍からの電話を待っていると、忍が電話してきて母親が骨折しているので、しばらくドイツにいると謝ってきた

忍は一時帰国をすると言ってきたが、和華は職場の人からドイツを往復するのはキツいと言っていたことを思いだし、自分は大丈夫だと言ってしまった

それで電話を終えた和華だったが、涙が溢れてしまうとそこに岳がやってきて…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

どいつじん美女に囲まれた忍を見て不安になってしまう和華

岳は和華が泣いていたので、どうしたのかと声をかけてきた

和華は咄嗟に目にゴミが入っただけだと誤魔化したが、明らかにウソだと分かる態度だった

それに和華は岳にコクられたことを思い出すと、こんなことで岳に頼ってはダメだと思い、逃げるように去っていってしまった

和華は帰宅してご飯を食べ洗い物をしていると、そこに忍が電話をかけてきた

忍はビデオ通話に切り替えると、和華の名前を呼んでくれた

和華も忍の顔を見ることができて一安心していると、忍は仕事のことを話そうとし始めた

するとそこにドイツ人美女が現れ、忍を取り囲んでしまった

和華はあっけにとられていると、忍はしばらく仕事はドイツ本社ですると言った

それを聞いて和華は会社の理解が得られてよかったと言っていたが、やはり内心は不安で仕方がなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

つい岳に弱音を吐いてしまう和華

和華は忍がドイツ人美女に囲まれて、気が変わらないか気が気でなかった

それですぐに家に帰りたくなかった、和華は本屋で立ち読みをしていた

しかしそこで岳とバッタリ会ってしまったので、和華は家に帰ろうとした

そこに雨が降り出してしまい、びしょ濡れになってしまった

それでつい岳の部屋に行ってしまった和華だったが、忍のことを話し出すと涙が溢れ出てしまった

ダメだと思いつつも岳に気持ちを寄りかけてしまった和華に、岳は和華がタイプだったから図書委員になったと話し始めた

すると岳は急に真顔になって和華が好きだと言ったが、そこに忍から電話がかかってきた

慌てた和華はスマホを落としてしまうと、拾おうとした和華の手に岳が手を載せ…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

岳の気持ちには応えられないと伝える和華

和華は職場で、岳に弱音を吐いてしまったことを後悔していた

そんな気持ちで帰宅した和華は、つい忍の部屋のベッドに倒れ込むと、忍の匂いをかいでいた

そこにまた忍が電話をかけてきて、和華と早く会えるようにケルンの大聖堂に祈ってきたと話してくれた

忍は和華がいないとどうにかなりそうだと話してくれたので、和華はこんな気持ちなのは自分だけではないのだとようやく気づいた

和華は電話を終えて1年前の自分には戻れないのだと思っていると、そこに忍が頼んでいた花束が届けられてきた

大変な時にそんな気遣いをしてくれる忍が、やはり好きなのだと和華は気づき、岳に会いたいと連絡を入れた

和華は岳に会うと、やはり岳の気持ちには応えられないと伝えた

すると和華は笑顔で自分には忍が必要なのだというと、そんな和華の見ながら岳はそんな和華が好きにだったのかもしれないと言った

そして岳はこれからも仕事では頼って欲しいと言って去ろうとしたので、和華は自分を好きになってくれた岳にお礼を言ってあげたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

帰国した忍の胸に飛び込んでしまう和華

とうとうクリスマスイブがやってきてしまい、和華は1人でイブを過ごすつもりだった

すると帰宅途中で忍の声が聞こえてきたので、和華はとうとう幻聴まで聞こえるようになったのかと思ってしまった

しかし本当に忍は帰国していて、和華は思わず忍の胸に飛び込んでしまった

これまでに互いへの気持ちを貯め込みまくっていた2人は、家に辿り着くなりキスをし始めた

そして忍はリビングで和華を押し倒すと、そのままセックスを始めてしまった

何度もイッてやっと落ち着いた忍は、ドイツでは和華を心配させないように弱音を吐けなかったと話してくれた

すると和華は岳にコクられたことを話すと、岳の部屋にまで行ったことを話した

それを知った忍は嫉妬心が湧いてしまい、裸の和華を抱き抱えてお風呂へ行くといきなり身体を洗い始めた

忍は和華は隙がありすぎるというと、消毒だと言って和華の身体中を洗ってしまった

それで和華は忍を傷つけてしまったのだと気づくと、忍に許して欲しいと言った

そんな和華を見た忍は、痴情の愛の最後を話し…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

思い出の図書室でプロポーズする忍

忍は和華の職場にお土産を持っていき、和華にフラれた岳から幸せになるように言われた

その後、和華を一緒に通った高校へと連れていくと、思い出の図書室へと連れていき、ここで和華がハッキリ好きになったのだと話してくれた

そして忍は婚約指輪を取り出すと、和華にプロポーズをしてくれた

その後、和華はイブの日にデキた双子を出産しても、忍は和華のことをずっと愛し続けてくれたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

痴情の接吻 8巻の感想

忍は急きょドイツ行きが決まってしまいましたが、その間に和華は岳からまたコクられてしまいました

好きな相手としばらく会えないでいると、寂しい気持ちが募ってしまうのは仕方がないでしょうね

和華はつい岳の部屋に行ったりして隙があったと言えますが、それでも岳の告白を断っていたので忍は許してくれました

でもそんなことがあったら大抵はケンカになったりして、別れてしまったりするでしょう

とは言え2人は無事結婚することが出来て、双子の子どもも産まれたようです

2人の結婚生活が見れなかったのは残念ですが、ずっと2人は愛し続けたようなので、とてもいいラストだったと思います

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「痴情の接吻」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね