けだものたちの時間~狂依存症候群~ 20~21巻~優人に自分の家族のことを聞かれても性的虐待を受けていたので話せず子どもが欲しくない理由も答えられない愛理 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『けだものたちの時間~狂依存症候群~』20~21巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 20~21巻ってこんなお話

優人の母親が自分の父親の話しをし始めたので固まってしまう愛理

愛理の父親は、いつも母親を引っ叩きながら愛理はイイ女に仕上がったと言っていた

そして愛理は卒業式のあったハズの、高3の冬の記憶がなぜかなかった

愛理はまた悪夢を見てうなされてしまったので、優人はそんなあいりを抱きしめ大丈夫だと言ってあげた

愛理は変態宏和を飼っている自分と、どうして結婚してくれたのかと訊ねたが、優人はハッキリとはその理由を答えられなかった

愛理は盆に、優人の実家に挨拶に行った

優人の家族は大家族で、家の中は子どもたちが騒いでいつもにぎやかだった

愛理は優人の母親の料理作りを手伝いながら、既に亡くなっている優人の父親のことを訊ねた

優人の母親は、父親の知優を亡くして優人に寂しい思いをさせたと話すと、愛理の父親のことを言ったので愛理は思わず固まってしまった

それから愛理は優人の家族とご飯を食べ始めたが、なぜか自分は幽体離脱したような気になってしまい、優人たちの家族と一緒にいる気にはなれなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

優人に自分の家族のことを話せない愛理

愛理たちは優人の実家には泊まらず、川沿いを歩きながら帰り始めた

優人は、知優はずっと捨て猫を拾ってくるので貧乏だったと話すと、ガンに罹って亡くなる3日前にこの川沿いに来たことを話し始めた

その時の優人は、知優が亡くなることは分かっていても、治ったら一緒にご飯を食べようと話していた

そして優人は知優に自分がいるからがんばらなくていいと言ったことを話すと、愛理に結婚したことは後悔していないと言ってくれた

すると優人は今度は愛理の家族のことを聞いてきたが、愛理は父親にレイプされていた経験しかなかった

それで繋いでいた優人の手を振り払うと、覚えていないとしか答えなかった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

優人に子どもが欲しくない理由を話せない愛理

愛理は産婦人科に薬をもら来ていたが、高3の冬の記憶の断片を思い出してしまった

それから帰宅すると、宏和をお風呂に入れてあげていると、宏和は愛理に馬乗りになって腰を振り始めた

そこに優人がやってきて助けてくれると、2人で一緒にご飯を食べ始めた

すると優人はどうして宏和の世話をしないといけないのかと言いだしたが、愛理はこれは自分が選んだことだというと、そんな愛理に優人は感動してしまった

2人は愛理の休みの日に、犬をドッグランに連れていった後に、優人の姪が生まれるのでお祝いの品を買いに行った

すると優人に小さい子どもがぶつかってきたので、優人は愛理に子どもは好きか訊ねた

愛理は自分が父親に性的虐待を受けていたので、自分もやってしまう気がして産みたくなかったが、それを優人に話すことはできなかった

そして優人はお香のお店に行くと、愛理の両親に送ろうと言いだしたが、その際に愛理はお腹に痛みを感じてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

母親に電話をかけようとする優人に止めて欲しいと必死に訴える愛理

愛理は結婚前に優人と一緒に実家に行って、結婚の記念写真を撮った

その後に実家に行っても、父親から夜な夜なセックスさせられていたことを思い出してしまった

そして帰宅したときの母親の視線…

その時のことを思い出してしまった愛理は、つい怖い顔をしてしまった

すると優人は愛理の母親に電話をかけていたが、今の均衡が崩れたらヤバいことになると感じた愛理は、両親に何か送るのを止めて欲しいと必死に訴えた

しかしとうとう母親に電話がつながってしまったので、愛理はトイレに逃げ込んでしまった

優人と愛理の母親は何かの件を話し始めたが、その頃愛理はトイレで…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

けだものたちの時間~狂依存症候群~ 20~21巻の感想

どうやら愛理は大家族な優人の家族に、馴染めないでいるようです

ずっと父親から無理矢理セックスさせられていて、その上に母親からも誘っていると言われていたので、家族が信用できなくなっているのでしょうね

愛理は高3の冬のことが思い出せなくなっていますが、どうやらその頃に中絶してしまったようです

間違いなく父親の子どもを身籠もってしまったのだと思いますが、それがかなりトラウマになっているみたいです

優人はこれまでずっと愛理のことを気遣ってくれていますが、貧しいながらも家族は何の問題もなく育ってきたので、恐らく愛理が家族に拒絶反応を持っていることには気づけないでしょうね

どんどん愛理は優人と分かり合えないところがあることに気づき始めているので、その内優人を拒むようになってしまわないかが心配です

優人は愛理の母親と何かのことを話していましたが、それがどんなことなのかが気になってしまいますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

「けだものたちの時間~狂依存症候群~」を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね