『 明日、私は誰かのカノジョ 』 8巻~認知症の祖母の面倒をみようとしない父親にキレ初体験でナンパ男と援交してしまうゆあ のネタバレ・感想・無料試し読み!

『明日、私は誰かのカノジョ』8巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

『明日、私は誰かのカノジョ』 8巻ってこんなお話

数ヶ月前にいた世界が別世界に感じてしまう萌

翼は萌に、自分が変われたのは雪たちのお陰だというと、理想の自分になれたが自分のことが分からなくなってしまったと言った

それで翼は男性とも女性とも付き合ってみてもしっくりこず、ゆっこに相談してももっと恋愛するように言われただけだった

しかしそんな翼がふと思い出したのが、萌の言葉だった

翼は萌が恋愛だけが人生全てじゃないと言っていたのを思いだして、それで恋愛に囚われなくなったと話しお礼を言ってくた

そんなことを翼に言ってもらっても、萌は最初に出会った人のおかげだとしか言えなかった

そのまま翼と別れ、店を出た萌は大学の飲み会サークルのライングループ投稿を見始めた

まだ数ヶ月前までその世界にいた萌だったが、もう今では別の世界のように感じてしまい、とうとうグループから退会してしまったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

楓に店に通うのを止めると言い出せな萌萌

萌は大学まで辞めてしまったので、リナは驚いて雪にそのことを話していた

雪は萌が紹介してあげた彼女代行の仕事も断ったことを話すと、リナは環境が変わってしまうと人間関係なんてすぐに切れてしまうのかと嘆いた

すると雪は案外人間関係はすんなり切れないのだと言っていたが…

ハルヒはゆあの被りの女に切られてしまうと、ベッドで一緒の写真を晒されてしまった

それをゆあは見つけてしまい、ハルヒが弁解のためにやってくると、アフターで寝たりするのは構わないが、晒されたりするのは意識が低い証拠だとブチ切れた

ハルヒはデリヘル客とホストクラブの客は違うと言って、ホストをデリヘル嬢と同じにするなと逆ギレし始めた

ゆあも汚いオヤジをデリヘル嬢は拒めないのだと言い返していると、ハルヒは首を絞めてDVし始めた

そんなことをしたハルヒに、ゆあは自分もDV写真を晒してやると言い残し、部屋を去ってしまった

萌はデリヘルの仕事が辛く、楓もどうせ仕事だからと思って、楓ももう通えないと伝えようと思っていた

しかし楓に会うと、結局言い出せずじまいで終わってしまい、楓もあの一件からアフターもしてくれなくなっていた

すると母親から退学届を書いて送ったと連絡が入り、自分は萌の味方でたまには家に帰ってくるようにメッセージが届いた

みっこからも店にたまには顔を出すようにメッセージが届いたので、萌の気持ちは揺れ動き始めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

楓が名前を間違えたので急に冷めてしまった萌

そんな萌は客からセーラー服姿の動画を撮られ始めると、泣き出してクレームを入れられてしまった

それで叱られてしまった萌だったが、その後に報酬をもらうととうとう楓へのプレゼントを買える金額が貯まった

萌は楓の誕生日を祝うためにホストクラブへと向かっていると、楓は早く来て欲しいとメッセージが届いた

しかしそこに書かれていた名前は、他の女の名前だった!!!

萌は一瞬、楓でも間違うことはあるだろうと思ったが、そこにみっこから翼たちと一緒に写った写真が送られてきた

それで楓に自分がハマっていたことに気づいた萌は、ホストクラブへは行かずにみっこの店に行って、翼たちに自分の恋愛話をしたのだった

萌はそれからゆあに会うと、ハルヒのことを愚痴ってきたゆあに、ホストクラブには一緒にいけないが友達でいようと言った

萌はゆあに楽しい経験ができたとお礼を言ったが、ゆあは普通の女になった萌に冷めてしまって去っていった

萌はそれから実家に帰ると、犬の散歩をさせながら実家の田舎の夜空はこんなにキレイなのかと思った

それから萌は就職すると、楓の載った広告を見てももう前のような感情は湧かなくなっていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

ナンパ男と初体験して援交してしまうゆあ

高校時代のゆあは、早く田舎を出ていきたいと思っていた

クラスメートから援交女と思われていて、授業をサボっていたゆあだったが、唯一気を許せるのが幼馴染みのみぽつだった

その頃、ゆあは東京に遊びにいったときに、ナンパしてきた男と付き合っていた

しかしその男の写真を見たみぽつは、コイツは絶対ヤリモクだと言っていた

ゆあは学校でコクられてしまうと、他の男子から動画を撮られてアップされてしまった

それをみぽつに話してナンパ男がマシだと言っても、みぽつはそれでもナンパ男にヤリ捨てされるだけだと忠告していた

ゆあが一緒に暮らしていた祖母は、最近ボーとしていることが多かった

ある日、ゆあが朝起きてくると、祖母が作っていた朝食は腐っていた!

完全に認知症が発症している感じなので、すぐにゆあは近くに住んでいた父親に電話をかけたが、自分の母親なのに父親は祖母の面倒を見るつもりはない感じだった

そんな父親にキレたゆあは、その鬱憤を晴らすためにナンパ男に会った

すると男はすぐにゆあをラブホに連れていき、まだ処女だったゆあとセックスしてしまった!

ヤリ終えたナンパ男は、なぜかゆあに金を渡すと、絶対に他にはしゃべらないように念押しして帰っていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

祖母が亡くなり畜生な父親に絶望して号泣するゆあ

まだそのときのゆあは、それが援交だということに気がついていなかった

すると祖母が部屋にやってきて胸の苦しみを訴えたので、ゆあは一緒に病院に行くと言った

しかし祖母はその時は意識がハッキリしていたので、ゆあにはみぽつと遊んでくるように言って、自分一人で病院に行くと断ってしまった

だがゆあがみぽつの家に遊びに行ってしまうと、祖母は認知症の症状が出てしまい…

ゆあはみぽつの家に行くと、みぽつに初体験話をしていた

しかしそこにみぽつの母親がやってきてご飯を誘われたが、自分はよく思われていないと思っていたゆあは、誘いを断って帰ることにした

家の前まで来ると、なぜか家の中は灯りがついていなかったので、ゆあは胸騒ぎを感じつつ家の中に入った

するとなんと祖母は倒れて亡くなってしまっていた!!!

ゆあの父親は、祖母の葬儀が終わると金目のものがないか家の中を捜し回り始めた

ゆあは父親にすぐに自分を引き取るように求めても、父親は他の女と住んでいるのでしばらく待つように言うだけだった

そんな父親にキレたゆあは、祖母の金を置いていくように求めたが、父親はお金を少し置いてそのまま帰ってしまった

そんな畜生な父親に絶望してしまったゆあは号泣し始めた、そんなゆあにはみぽつから…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『明日、私は誰かのカノジョ』 8巻の感想

萌は楓が名前を間違ってくれたので、なんとか助かりました

それにゆっこや翼が、萌のことをずっと気にかけてくれていたのも大きいでしょうね

萌は一旦実家に帰ってから、就職してちゃんとした仕事で働き始めたようです

最後にはもう楓の載った広告にも心を動かされなくなっていたので、もう大丈夫な感じでした

きっとまともに働いていたら、気の合ういい相手がきっと見つかると思います

今度はゆあの番外編のお話が始まりましたが、高校時代のゆあも結構荒んでいました

まだ幼馴染みのみぽつが話し相手になってくれていますが、祖母が認知症で父親は無責任な奴でした

まだ祖母が認知症にならずに、ゆあを支えてくれていたら、今のようにならなかっただろうと思います

ゆあは父親にヤケクソでナンパ男と初体験で援交してしまいましたが、こうなってしまったのも家庭環境のせいだと言えます

祖母も亡くなってしまってゆあは絶望して号泣していますが、この後どうなってしまうのかとても気になってしまう展開でしたね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?