『ガンニバル』 11巻~村民との戦争になり死を覚悟して最期に会うためやってきた金次を食べてしまう銀 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ガンニバル』11巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

『ガンニバル』 11巻ってこんなお話

銀を匿う金次

重が無残な姿で見つかったことで、銀の仕業だと分かり村民たちは銀を捜索していた

金次は密かに銀が生きていたことを喜んでいたが、吉宗は警察に任せたほうがいいと言っても、村民たちは飢餓は銀のせいだと主張し誰かが手助けしているかもしれないと言っていた

それでも吉宗は金次に銀をかばえないというと、かばったら村民間での戦争になってしまうので、正宗にも銀と関わるなと言っていた

金次は吉宗から銀を愛しているハズだと言われ、それを否定していると子どもの白銀を抱いた銀が現れた

銀は自分たちを守るように金次に要求すると、吉宗が必死に止めても金次は銀を匿うためにどこかへと向かってしまった

銀と白銀を連れた金次は、銀に洞窟にある牢屋でおとなしくしているように言った

その頃、新たな村民の惨殺死体が見つかっていたので、銀たちが外に出るとぶっ殺されてしまう状況だった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

村民に攻められ最期に会うためやってきた金次を食べる銀

村の飢餓はさらに酷くなり、子どもも亡くなってしまうようになった

それでガマン出来なくなった村民たちは、食料の蓄えがある後藤家を襲う計画を立て始めた

それで吉宗は村民たちを神社に集めて説得を試み始めたが、そこに現れた正宗はむしろ積極的に後藤家を襲おうと唆し始めた

そして正宗は村民たちを引き連れ後藤家に向かっていたが、それを察知していた後藤家の人々ととうとう戦争になってしまった

数で勝る村民たちは後藤家の人々押し始め、とうとう屋敷まで追い詰めた

金次はあくまで村民たちと戦うつもりだったが、紅が人質に取られてしまったので、仕方なく食料を渡すつもりになった

しかし誰かの銃撃で村民の一人が倒されてしまうと、逆上した村民たちは人質の紅をぶっ殺してしまった

村民たちの優勢は決定的になり、金次は追い詰められて死を覚悟していた

底に謎の集団が現れ銀のいる所に案内するように要求してきたが、金次はそれを拒んで戦い続けた

しかし金次は最期に銀に会いたくなり、銀のいる牢屋へと向かい始めた

銀のいる牢屋へやってきた金次は、銀に白銀は自分の子どもなのかと訊ねた

銀はあれだけヤリまくって疑うのかと叫ぶと、金次こそ他の女に子どもを作らせているはずだと責め、いずれ後藤家同士で争いが起こるハズだと言った

そして村民たちが牢屋へ駆けつけると、なんと銀は金次を食べていた!!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

後藤家を乗っ取るも最期は白銀に食べられていた銀

村民と後藤家の戦争が終わり、弾正は戦場から後藤家に戻ってきた

すると後藤家には銀だけがいたが、前と違って馴れ馴れしかったので弾正はキレながら他の人はどこにいるのか訊ねていた

そこに謎の集団が現れ、自分たちが後藤家だというと弾正をぶっ殺してしまった

それで銀は後藤家を乗っ取ってしまうと、正宗と組んで村を支配し始めた

村民たちも後藤家との戦争でボロボロだったので、奉納際で本物の子どもを生贄にするように銀が求めても、反抗せずに従ってしまった

白銀はずっと人の死体を食べ続けていたので、正宗は恐らく狂い病なのでもうじき死んでしまうだろうと言った

しかし銀は白銀は自分たちの生きた証だというと、正宗は過去に一人だけ病気になっても死ななかった人がいると言い始めた

白銀は狂い病では死なず、年老いた銀はやっと後藤家の基盤が盤石になったと喜んでいた

しかしそんな銀は、宗近が雇った村のワルたちに捕まってしまった

すると何かの臭いがしてきたので、熊だと思ったワルたちは逃げてしまった

しかし現れたのは白銀で、銀に噛みついてきた

銀は自分は母親だというと白銀はカアチャンと呟いたので、その言葉を聞いた銀は死を受け入れてしまった

白銀を撃とうとしていた大悟を撃つ恵介

大悟はましろが白銀を庇い始めたので、離れるように叫んでいた

しかし大悟は、なんと背後から恵介に撃たれてしまった!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『ガンニバル』 11巻の感想

ようやくどうやって銀が、後藤家を乗っ取ったのかが判明しました

ずっと村民からは虐げられてきた銀が、そんな企みを持ってしまうのも仕方がない気もしました

銀は後藤家を乗っ取りましたが、そんな銀に協力していた謎の集団は何者なんでしょうか

元々後藤家はどこからかやってきた人たちだったので、謎の集団とは元は一緒だったのかもしれません

恵介は後藤家を変えるために大悟に協力してきた感じでしたが、最後に大悟を撃っていました

やはり白銀は自分の父親なので、やはり切り捨てられなかったのでしょうね

とはいえこのまま大悟を殺してしまうと、奉納際は続けられてしまい前とは同じになってしまいます

それに警察の特殊部隊も潰してしまっているので、このままだと本当に恵介も後藤家と運命をともにして消えてしまいます

もしかすると恵介は、そんな覚悟も持って大悟を撃ったのかもしれません

でもやはり子どもを生贄にする習慣を捨てて、後藤家とも繋がりを断ち切って新しい人生を歩んだほうがいい気がしますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?