『ハジメテノサツジン』 11~15巻~森下から陸の気を引こうとしていると敵意を見せられてしまい陸を好きにならないと言ってしまう繭 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ハジメテノサツジン』11~15巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

『ハジメテノサツジン』 11~15巻ってこんなお話

堤の尋問でぶっ倒れてしまう繭

堤の尋問を受けていた繭は、音羽を見習って何事もなかったようにしないといけないと思っていた

しかし堤に吉川のことを訊ねられると、死んだ吉川を埋めたことを思い出して消えたいと思ってしまった

それでも繭は音羽の存在を感じると、吉川とは普通の関係だったということができた

だが繭は堤の尋問を終えると、気が抜けてしまったのかぶっ倒れてしまった!

音羽は石井に犯人のことを聞いていたが、繭が倒れたことを知ると保健室へと連れていった

その様子を見ていた堤は、やはり繭たちが何か事件のことを握っているのだと確信した

悠も繭が倒れたと知って保健室にやってくると、音羽に何をしたのかと詰め寄った

しかし音羽はそんな悠はキモい奴だと言って去ってしまうと、やっと繭は目を覚ました

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

陸に繭は自分を弱く見せる狡い奴だとウソをつく森下

音羽も堤の尋問を受けていたが、堤は誰かが音羽が吉川に何かしたと言っているとウソをついた

音羽はウソ泣きしてショックだというと、堤はこの話は音羽にしかしていないと言った

すると音羽は、澤木が犯人だと言い始めた

音羽は澤木が吉川と不倫していたことを明かすと、堤は澤木との関係を聞いてきた

自分が疑われていると感じた音羽は、吉川は絞殺だったので男がやったハズだというと、堤は音羽がウソをつくときのクセを指摘したので、音羽はやはり堤は自分たちを疑っていると確信したのだった

それで音羽は繭たちを屋上へと連れていき、自分の身の潔白を主張した

しかし悠は音羽を疑っていたが、そこに陸から電話がかかってきた

音羽は繭にスピーカー設定にしで電話に出させ、陸には繭は自分たちがいるから大丈夫だと言って、電話を切ってしまった

それで陸は、余計に何かあったのだろうと思っていた

しかし一緒にいた森下は、陸に電話をかけさせないように繭は自分を弱く見せている狡い女だと言いだした

それを信じなかった陸は、繭のことを心配しながら去っていってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

繭に陸に関わるなという森下

繭はまた電話をかけてきた陸と会う約束をすると、読書していた悠に図書カードをプレゼントしようとした

それを断った悠は、音羽が何か仕掛けてきたらやり返すと言ったので、繭は自分が二人の間に入ってなんとかしないといけないと思った

それから二人で陸に会いに行くと、森下たちもやってきてしまった

森下は繭に馴れ馴れしい態度を取っていると、悠は繭を森下から引き離しその場から去っていった

そして森下が繭を触っていたことが気に入らないでいた悠は、繭にもう森下とは関わらないように忠告した

繭は悠と別れバスに乗ると、なんと森下がバスに乗ってきた

森下は繭に陸の気を引こうとしているとあからさまな敵意を見せたので、繭は思わず泣き出してしまった

そして繭は陸を好きにならないというと、森下は陸にその言葉を伝えてやると吐き捨て、その場を去っていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

吉川の親の言葉で吐き気を催してしまう繭

その頃、音羽は澤木を捕まえ、吉川が死んだパソコン室へと連れてきた

そして音羽は澤木にキスをして反応を見て、吉川殺しの犯人じゃないと判断していた

繭の姉は出産が近づいていたが、繭は自分は人殺しなので地獄に落ちる人間だと思ってしまっていた

それで寝つけなかった繭は、睡眠薬代わりに風邪薬を飲むと、自分が棺桶に入ってしまう夢を見てしまった

繭たちは吉川の葬儀に参列すると、インタビューを受けてしまった

石井が間に入ってきたので答えずに済んだが、葬儀には堤も来ていた

葬儀が始めると、石井は吉川の棺桶に縋りついて泣き始めたので、皆ドン引きしてしまった

繭も焼香をしようとしたが、吉川の声が聞こえた気がして、吉川の母親の言葉を聞いた繭は、吐き気を催してしまった

心配してやってきた悠に繭は死んで詫びたいと言ったが、悠はちゃんと生きていこうと励ましてくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

音羽を敵視する悠

森下は繭が言ったことを陸に伝えると、陸は怒ってしまった

それでも森下は自分ならそんなことを言わないというと、女同士だから繭は自分にそんなことを言ったのだろうと言った

石井が葬儀で号泣したので、生徒たちは何かあったのかと訊ねた

すると石井は犯人をぶっ殺してやるというと、自分は吉川の唯一の味方だったと意味不明なことを言って喚き始めた

そんな石井を見て生徒たちはドン引きしてしまったが、音羽は石井が犯人ではないと判断していた

そして音羽は繭に、何か起きたら石井が犯人にされるというと、繭はそんな次なんで起きない筈だと言った

音羽は繭に本気で吉川の葬儀で泣いてはいないと話すと、悠が吉川殺しの犯人だと言い出した

二人が険悪な雰囲気になったので、繭は間に入って悠を教室から連れだしたが、悠は音羽には負けないと完全に音羽を敵視していた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

悠に澤木たちに何かありそうだったが自首しようという繭

音羽は澤木を呼び出すと、安全日だと言って生セックスさせてあげていた

そして音羽は騎乗位で澤木に好きだと言わせてイカせると、眠ってしまった沢木の写真を撮った

石井は、最初は吉川が自分を見下していると思っていて嫌いだった

しかし生徒にキモがられてしまった際に、吉川は生徒をクソだと罵ってくれたので、それで石井は一方的に吉川に好意を持っていた

石井は花たばを買って帰宅すると、壁一面に吉川の写真が貼られた部屋へとやてきた

その部屋で石井は吉川と澤木がイチャついていた時のことを思い出し、勝手にキレ出した吉川は澤木をぶっ殺してやると息巻いたのだった

繭はあまり眠れないまま登校すると、クラスメートは音羽にイジメられていないか心配してきた

しかし繭は音羽に呼ばれるとすぐに駆け寄っていったので、他の生徒から音羽のポチだと思われていた

繭はあからさまに嫌な態度を見せられたので、もう学校を辞めてくなっていた

しかし悠が来てくれたので、繭は少し気持ちを持ち直すことができた

翌朝、石井は何を呟きながら廊下を歩いていたので、音羽は石井に澤木を殺ささせ自殺に追い込もうと繭たちに言った

繭はそれは無理だと反対すると、繭が吉川の死体を隠そうと言ったと音羽は繭を責め始めてしまった

そこに悠が間に入ると、音羽の計画には乗らないと拒み、悠が吉川を殺したという音羽を残して、眉を連れてその場から去っていってしまった

音羽の暴走しそうなので、繭は澤木たちの身に何か起きそうだったが自首しようと言うと、悠は繭の意見に賛成してくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

黒魔術で吉川復活を企む石井を利用しようと考える音羽

森下は繭のことを調べてみると、クラスメートから音羽は嫌われていて繭も音羽のポチ呼ばわれりされていると裏情報を見つけた

それを森下は陸にチクって、陸の気を自分に向けさせようと考え、純から繭の連絡先を手に入れた

繭は石井を尾行している音羽を尾行していたが、スマホが鳴ったので気づかれてしまった

陸からの電話だったが、前日の森下に陸の優しさに甘えるなと言われたことを思い出し、何もなかったとしか答えなかった

すると繭の尾行に気づいた音羽が声をかけてきたが、そこに今度は森下から電話がかかってきた

森下はまたみんなで集まろうと誘ってきたので、音羽は森下を潰すためにその誘いを勝手に受けてしまった

その頃、石井は吉川を黒魔術で蘇らせようと企んでいたが、それには吉川の身体の一部と、処女の血が必要だと本にはかかれてあった

そんな石井は廊下で音羽にぶつかってしまうと、音羽の血で吉川を蘇らせるようと決めた

音羽は石井が黒魔術で何かをしようとしていることに気づいたので、石井を利用してやろうと繭に言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

澤木に吉川を復活させて復讐させると話す石井

澤木は妻の梨奈に隠れて、出会い系をやっていた

そんな澤木に梨奈は前日帰りが遅かった理由を聞いてきて、あからさまに疑っている様子だった

梨奈は警察も来たというと、娘を犯罪者にしたくないので黙っているので、澤木には自分に従うように要求してきた

澤木は学校でJKの時の梨奈は可愛かったが別人になってしまったと思いながら、石井が吉川殺しの犯人だろうと思っていた

すると澤木は突然、石井に飲みに誘われてしまったので、思わずその誘いを受けてしまった

その日の石井はなぜかハイテンションで、授業も張り切っていた

それで生徒たちはいきなり明るくなった石井を見て、吉川が死んだので狂ったのではないかと言っていた

澤木は石井と飲みに行くと、石井は飲み始めるといきなり澤木を殺すつもりだと言い始めた

最初は澤木は冗談だと思っていたが、どうやら本気らしく吉川を復活させて澤木に復讐させるつもりだと言いだしたので、澤木はヤバい奴だと思って逃げ去ろうとした

すると石井は澤木は吉川に脅されていたはずだと言ったので、澤木はどうしてそれを知っているのかと思って逃げ帰ってしまった

澤木は石井が犯人じゃないなら誰なのかと思ったが、他の女の子から電話がかかってきたので飲み直すことにした

悠の母親はアル中で、精神がやられて入院していた

そんな母親を悠は見舞いに来ていたが、母親の腕には…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『ハジメテノサツジン』 11~15巻の感想

石井は死んだ吉川を黒魔術で復活させるつもりですが、当然そんなことは出来る訳がありません

それを信じ切っている石井はかなりヤバい奴ですが、音羽はそんな石井を利用して澤木も消し去るつもりのようです

そうなるとやはり吉川を殺したのは、音羽の可能性が高いでしょうね

そんな音羽の血を使って吉川を復活させるつもりですが、かなりヤバいことになりそうな気がします

森下は陸がどう見ても繭に気がある感じなので、繭に陸を諦めさせて陸の気を自分に向けさせるつもりのようです

陸は森下が繭を悪く言っても信じていない様子だったので、森下の猫かぶりなのは知っているかもしれませんね

繭はやはり吉川の死体を埋めたのは事実なので、それを気にして陸とは関わらないと森下に言ってしまいました

でもやはり陸のことが気になっている様子だったので、やはり陸のことが好きなんでしょうね

音羽は自分たちに絡んでくる森下を潰す気ですが、どうやって潰す気なんでしょうか

森下の誘いに乗って会うと答えていたのでその内対決になるハズですが、やはり音羽のほうが狡賢い感じなので森下は負けてしまう可能性が高いでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?