『悪し妻かたり』 2巻~水松女が元いた庵があまりにボロボロだったので驚いてしまう孫四郎 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『悪し妻かたり』2巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

『悪し妻かたり』 2巻ってこんなお話

宗清のぬくもりを手放さないといけないと思ってしまう水松女

いとと宗清が一緒にいるのが耐えられなかった水松女は、その場を去ろうとするといとに呼び止められてしまった

そこに孫四郎がやってきて、水松女がいとに何かしようとしていると勘違いして、水松女に詰め寄ってきてしまった

そんな孫四郎の迫力にいとが怯えてしまったので、水松女が間に入った

そんな水松女に孫四郎が詰め寄ろうとしていると、宗清がやってきて止めてくれた

そして宗清は孫四郎に、いとは長治の側女で暴力を受けていたので、水松女が助けてあげたのだと話してくれた

いとは水松女と二人きりになると、宗清はずっと水松女のことを想ってくれていたと話した

そんないとの話を聞いていた水松女は、宗清のぬくもりを手放さないといけないと思いつつも、自分が宗清の妻であることに喜びを感じ始めていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

水松女が自分を想っていることを知って気持ちが抑えきれなくなる宗清

宗清は水松女に孫四郎のことを謝ってきたので、水松女は孫四郎は家や宗清のことを考えてのことなので、叱ったりしないで欲しいと言った

すると宗清は自分のせいだからと言い始めたので、水松女は子どももデキないかもしれない自分は、やはり宗清に応えられないと謝った

そして水松女は自分は畑や庵があればいいのだというと、宗清は分かったと言っただけで去っていった

宗清は水松女に拒まれたのだと思ってしまい、それからミスばかりするようになってしまった

水松女と一緒に読むつもりだった本が届き、宗清はそれを見ながら水松女を手放したほうがいいのかと思い始めていた

しかし宗清は、水松女が自分に渡す予定だった小袖を抱きしめているのを見つけ、水松女への気持ちが抑えられなくなった

それで宗清は水松女を抱きしめると、水松女も嬉しい気持ちになって宗清を抱きしめ返した

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

水松女が本当に悪妻なのか分からなくなる孫四郎

それから宗清は、水松女との婚儀の準備を始めた

水松女は宗清がやってきたので、宗清の兄は宗清が優秀なので、悪評のある自分を妻にしたのだろうと話した

それで敢えて悪評をそのままにしておかないと、宗清の兄が放った間者を欺けないだろうと言った

水松女は材木を用意させて、屋敷内に何かを作り始めた

それで家臣たちはやはり悪妻なのかと噂しあっていたが、孫四郎は水松女が本当に悪妻なのか分からなくなっていた

そんな孫四郎は、小犬を守ろうとして水松女に吠えていた母犬を見つけた

それで孫四郎はその母犬を家来に連れていくように言ったが、美与が孫四郎がけしかけたのだと誤解して、キレ始めてしまった

それでケンカになってしまうと、宗清がやってきたので、水松女は美与に謝るように求めた

そんな水松女を見ていた孫四郎は、余計に水松女が本当に悪妻なのかますます分からなくなってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

水松女がいたボロボロの庵を見て驚いてしまう孫四郎

宗清は水松女に、城の中で畑に適した場所がないか訊ねてきた

それで水松女は、自分が元いた庵の畑がいいというと、自分が案内すると答えた

水松女は孫四郎や左馬之介をその場所に案内することになったが、二人は水松女が元いた庵があまりにボロボロだったので驚いてしまった

その庵にいた頃の水松女は、長治との伽のときだけ獣道を通って外に出ることができた

なのでそれを思い出してしまった水松女は、気分が悪くなってしまった

左馬之介は先に一人で帰ると、孫四郎は水松女に自分より良い生活をしていた長治の側女たちをどうして助けたのか訊ねた

水松女は凶悪な長治から身を守るためにやっていたことだというと、楽しげな感じで落城の際のことを話していた

しかしそこに、宗清がケガをしたと言って孫四郎の部下が駆けつけてきた!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『悪し妻かたり』 2巻の感想

宗清はなかなか水松女が自分に気持ちを開かないので諦めようとしていましたが、自分を想っていてくれていることを知って婚儀の準備を進めています

水松女も宗清には自分を諦めて欲しいという気持ちがあっても、やはり宗清のことが好きな気持ちが勝ってきています

宗清は兄から疎まれて悪評のある水松女との婚儀を決められ、あまりいい領地とは言えない長治の領地を押しつけられた形です

なので宗清はかなり家の中では微妙な立場となっているので、その内兄から攻められたりしなか心配ですね

孫四郎は最初は水松女を悪妻と思い込んで敵意を露わにしていましたが、長治の側女たちの話などを聞いて水松女が悪妻ではないのかもしれないと思い始めています

水松女がいたボロボロの庵を見たり話を聞いたりしているので、このままだと孫四郎も味方になってくれそうな感じです

やっといい方向に進み始めたと思ったところで、長治がどうやらケガをしてしまったようです

どんなケガなのか分かりませんが、命に関わるようなケガでないことを祈りたいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?