『つまり好きって言いたいんだけど、』 4巻~助演男優賞の授賞式で口止めされていたにも関わらず千歳と付き合っていることを話してしまう宗純 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『つまり好きって言いたいんだけど、』4巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

『つまり好きって言いたいんだけど、』 4巻ってこんなお話

ゲイの匡人に宗純が掘られないか心配してしまう千歳

宗純にキズを見せた千歳は、自分が恋愛をしていけないと思い込んでいた

それに自分がCM件をゴリ押ししたと思っていたので、宗純にはあまり近づかないようにしていた

宗純は千歳を諦めてはおらず、千歳と付き合っていることがマスコミにもバレてもいいようにしたいと思っていた

それに宗純はただの人気者になりたくなく自分の演技を認めてもらいたかったので、千歳が持って来た依頼リストから、同性愛の映画を選んだ

それで千歳と宗純は、南の島にロケに向かった

千歳は宗純と共演する匡人がゲイだという噂なので、宗純が掘られてしまわないか心配していた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宗純と初体験する千歳

心配で仕方がない千歳は、宗純と匡人を尾行し始めた

すると宗純が匡人の部屋に行くと知った千歳は、このままだと宗純が匡人に掘られてしまうと思って、匡人の部屋に乗り込んでしまった

匡人は千歳がずっと尾行していたことに気づいていて、宗純に千歳がヤキモチを焼いていたことを教えた

匡人は千歳をベッドシーンを教えるとからかいながら、宗純はもう覚悟を決めているのに、まだ千歳は決めていないと言ったのだった

千歳は匡人の部屋に乗り込んでしまったので、お詫びの品を持っていくと、匡人にまだ処女だということを見抜かれていた

マスコミにバレることを気にする千歳に、匡人はここは日本じゃないので二人で楽しむようにアドバイスしてくれた

宗純は千歳が部屋にやってきたのでプールに誘おうとしたが、肩の傷を思い出して止めてしまった

宗純は千歳に肩の傷を誰かに見せたことがあるかと訊ねると、千歳はないと答えた

すると千歳は宗純に今すぐ責任を取るようにいうと、そのまま宗純と初体験したのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

異動になって宗純の担当から外れてしまう千歳

宗純が出演した映画は好評だったが、千歳は異動になってしまった

すると宗純はバラエティー番組にも出るようになってしまったので、宗純の担当を外れた千歳は口出ししたかったがそんな立場じゃないと思い直した

千歳は匡人のマネージャーから個人事務所の話を聞いて、自分たち宗純の専属マネージャーになりたいと思うようになった

すると千歳ロスになった宗純が部屋にやってきて、二人は事務所を辞めて一緒にやっていくことに決めた

しかし宗純が千歳のマンションを出てくるのを、週刊誌の記者に激写されてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

宗純へのプレゼントに迷ってしまう千歳

宗純は出演した映画で助演男優賞にノミネートされ、千歳も独立に向けて勉強を始めた

しかし千歳は宗純とプレゼントのことでケンカになってしまったが、どうして宗純がキレたのか分からなかった

それで千歳は兄の宗理に相談に行くと、宗理は宗純の好みなんて気にしなくていいとアドバイスしてくれた

宗純は受賞が決まると千歳をホテルに呼び出し、キレたことを謝ってくれた

そして二人はそのままセックスすると、宗純は千歳にずっと自分の傍にいて欲しくて、つい酷いことを言ってしまったのだと言った

宗純は別々にホテルから出ていこうとした千歳と一緒に外に出てしまい、そのままキスをしたのでその様子も週刊誌の記者に激写されてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

スキャンダル記事を書かれてしまう千歳と宗純

それでついに週刊誌にスキャンダル記事を書かれてしまい、事務所はそれでてんやわんやになってしまった

千歳は自宅謹慎処分になってしまったが、宗純は電話をかけてきて千歳を助けると言った

事務所にこれ以上迷惑をかけられないと思った千歳は、辞表を出して部屋を出てくると、森崎が声をかけてきた

森崎は千歳のおかげで、宗純は演技がよくなったと励ましてくれた

千歳は帰宅すると、宗純にも事務所を辞めることを宗純に伝えた

宗純は千歳に今のような状況になったことに後悔していないか訊ね、千歳が後悔していないと答えを聞くと、あることを実行することに決めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

千歳と付き合っていることを認め独立する宗純

賞の授賞式に出席した宗純だったが、事務所からはスキャンダルのことは絶対にしゃべるなと念押しされていた

しかし宗純はそんな口止めを無視して、いきなりスキャンダルのことを話し始めた

宗純は千歳と付き合っていることを隠さず話すと、今の自分があるのは千歳のおかげだとハッキリと言った

そして授賞式を終えた宗純は、千歳にマネージャーに戻って欲しいというと、千歳を抱きしめたのだった

宗純が交際を隠さず認めたので、二人の交際は世間はむしろ好意的だった

それで宗純の仕事は増えたので、宗純も事務所を辞めて二人は独立して事務所を立ち上げた

千歳は宗純の専属マネージャーになり、宗純とはこれからずっと行動を共にすることになった

そんな千歳に宗純は、いきなりプロポーズしてきた!!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『つまり好きって言いたいんだけど、』 4巻の感想

千歳は肩の傷もあるので宗純と付き合い続けていくことに迷っていましたが、匡人のアドバイスもあって宗純も受け入れてくれたので決心できました

マスコミの眼もない海外ロケに行けたのは、二人にとってはちょうどいいタイミングだったと思います

千歳と宗純は付き合っていることがマスコミに暴露されてしまいましたが、宗純は授賞式でキッパリと交際を認めたので、世間の人たちからは好意的に受け止められたようです

コソコソしているより交際を認めて好きな相手を守ろうとする宗純の姿が、男らしくてカッコよく見えたからでしょうね

宗純も事務所を辞めて、二人は個人事務所を立ち上げ二人でやっていくようです

最後は宗純がプロポーズしていましたが、当然千歳はそれを受けたでしょう

これからもいろいろあるとは思いますが、最後の二人の姿を見れば力を合わせて乗り越えていけそうです

宗純は本格派な俳優として成功して、千歳も専属マネージャーとして支えていくことでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?