『あせとせっけん』 9巻~実家に帰ってみつきと会っていた際にトラウマの原因となった子と遭遇してしまい元気をなくしてしまう麻子 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『あせとせっけん』9巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

『あせとせっけん』 9巻ってこんなお話

香水を大量につけて香太郎に見つけてもらう麻子

麻子と夏祭りに行くことにした香太郎は、母親から浴衣を送ってもらった

その浴衣を着て夏祭りに出かけると、麻子は香太郎がプレゼントした香水をつけてきてくれた

夏祭りで射的を始めた香太郎だったが、麻子が友だちのことを話したことがないことにふと気づいた

二人はおみくじをひいてから境内を歩いていると、麻子は女の子が落としたハンカチを拾っていると香太郎とはぐれてしまった

麻子はスマホを忘れていたので、非常手段に訴え香水を大量につけて香太郎に気づいてもらうことにした

香太郎は香水の香りを辿って麻子を見つけてくれたので、麻子は思わず香太郎に抱きついてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

結婚話を切り出すタイミングを探る香太郎

麻子が夏風邪で会社を休んでしまったので、香太郎は麻子のためにおかゆを作ってあげることにした

しかしなかなか上手く作れなかった香太郎だったが、それでも麻子は香太郎が作ってくれたので喜んで食べてくれた

その後、香太郎は麻子の背中も拭いてくれて、麻子はついもっと拭いて欲しいと頼んでしまった

香太郎はなかなか寝つけず仕事をしていると、麻子が水を飲むため起きてきた

麻子は香太郎が料理が得意でないのにおかゆを作ってくれたので、自分も香太郎がおいしいと言ってくれるので、料理が美味くなってきていると言ってくれた

そんな麻子の言葉を聞いていた香太郎は、いつ結婚話を切り出そうかと考えていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

中学時代に汗子と呼んでいた子と遭遇してしまう麻子

麻子は実家に帰ると、中学時代の友だちのみつきと会った

みつきは結婚していて子どももいたが、夫と別居中だった

みつきは夫との距離感を探っている状態だというと、麻子は同棲している香太郎との結婚を考えているというと、みつきがどうやって結婚したのか訊ねていた

しかしそこに同じ同級生の子がやってきて、麻子を汗子と呼んだ

つい顔を背けてしまった麻子は、その子から昔汗の匂いが伝染ると言われたことがトラウマになっていた

それで気分が悪くなった麻子は、その子には自分は独身だと答えただけで会話を済ませた

みつきは去り際に、麻子がこれまで自分のことに深く入り込まないので、それで付き合ってこられたのだと話した

そんなことを言って帰ろうとしていたみつきは、麻子の心の中にできた壁には自分は入り込めないと思っていた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

トラウマ話をしようとしない麻子に頼って欲しいという香太郎

香太郎は、実家から帰ってきた麻子の様子がおかしいとすぐに気づいた

それからも麻子はご飯もまともに作らなくなり、何かあったことを話そうとはしなかった

麻子は香太郎にしばらくそっとしておいて欲しいと頼んだが、香太郎と一緒に寝たいと言ってきた

それで麻子を寝かしつけていた香太郎だったが、自分が母親に何も手伝えなかったときのことを思い出していた

香太郎は麻子の上司の大蔵に会うと、大蔵も麻子は会社でも元気がなくなっていると言った

大蔵はここで香太郎まで暗くなると麻子が寄りかかれないとアドバイスしてくれたが、なかなか麻子は元気にならなかったので、とうとう香太郎は限界に来てしまった

香太郎は麻子にどうして悲しい気持ちになっているのか聞いても、麻子はまた答えようとはしなかったので、もっと自分を頼って欲しいと言ってあげた

すると麻子の感情が溢れ出してきて、泣き始めてしまった

麻子は昔のことを思い出してしまって、嫌な匂いがしないか気にして抱きつけなかったと言ったので、香太郎はそんな麻子を抱きしめてあげたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

続きはコチラをクリック👇

『あせとせっけん』 9巻の感想

香太郎が麻子との結婚を本気で考え始めていましたが、麻子は実家に帰った際に昔汗子と呼んでいた子と遭遇してしまいました

相手の子はそれほど麻子のことを悪く言ったりしていませんでしたが、まだ汗子と呼んだりしていたので余計にトラウマが蘇ってしまったのでしょう

本人はそれほど悪気がないのかもしれませんが、ちょっとした言葉で相手を傷つけていることがあるので気をつけないといけません

友だちのみつきも麻子の心の壁の中には入れない感じでしたが、どうやら香太郎なら大丈夫そうです

すぐにトラウマがなくなることはないとは思いますが、今の麻子には香太郎がいて支えてくれるので、なんとか乗り越えて欲しいと思いますね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?