『凛子さんはシてみたい』 13~14巻~凛子が彰に素の姿を見せているのを目撃して嫉妬してつまらないケンカをしてしまう弦 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『凛子さんはシてみたい』13~14巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『凛子さんはシてみたい』 13~14巻ってこんなお話

凛子が彰に素の姿を見せているのを見て嫉妬してしまう弦

彰は弦が来ることを黙っていたので凛子はムカついていたが、弦が来たことを喜んでいた

しかしお昼にまた彰に絡まれてしまった凛子は、弦も来たので喜んでいたが職場に呼び戻されてしまった

弦は凛子が彰に素の姿を見せていて彰は凛子とは仲がいいと言ったので、弦は心の中でモヤモヤを感じてしまった

凛子は弱音を吐けずに一人で残業していた彰を手伝うことにしたので、それを知った弦は余計にモヤモヤを感じてしまった

彰は凛子から上司も弱音を吐いて協力を求めないといけないと言われると、つい自分が幸せな家庭に育った弦のことを羨ましく思っていたことを話し始めた

凛子はまた彰がキスしてきたのを阻止して帰ったが、翌日、弦とくだらないことがキッカケでケンカして、弦は自分にどうして気を遣うのかと言って仕事に出かけていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

弦が今は結婚を考えていないというのを見てショックを受ける凛子

弦は言い過ぎたことを後悔していると、彰は凛子との結婚を考えていないのか訊ねてきた

弦は今は考えていないと答えていたが、凛子はその様子を目撃してしまいショックを受けてしまった

凛子は一人で落ち込んでいると、彰がまた結婚しようと迫ってきた

それを断った凛子だったが、弦とはケンカしてしまったのでそのまま帰りたくなくて、どこかへ去っていってしまった

久地の店で飲んでいた弦だったが、久地が冗談で凛子を盗られるかもと言われ、気が気でなくなって、凛子を探しに向かった

すると凛子が公園でオッサンに絡まれていたので、それを弦が助けると凛子は弦に嫌われてしまったかもしれないと言いだした

弦は凛子に今はまだ自分の気持ちがちゃんとできていないだけだというと、互いにダメなところをちゃんと共有していこうと言ってくれた

それで凛子は彰にキスしたことを話すと、凛子が彰とキスしたことを知った弦は…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

弦に凛子が自分のプロポーズを断る姿を見せる彰

彰は凛子にプロポーズしていたことを知った弦は、彰に本心を確かめることにした

彰は弦が幸せな家庭で育ったことに嫉妬していたと話すと、凛子への気持ちは恋愛感情なのかよく分からないのだと答えた

弦は彰との思い出は変わらないというと、自分をもっと信じて欲しいと言った

そんな弦に彰は、隠れて会話を聞かせていた凛子にまたプロポーズすると、凛子がそれを断る姿を弦に見せてくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

凛子はいつまでも枯れないという弦

とうとう志保の結婚式がやってきたので、凛子は弦が初恋の相手の志保の結婚式を見て動揺していないか心配したが、弦は平気な様子だった

志保は彰に手を出そうとしたのでそれを凛子が止めると、式を挙げた志保は凛子のおかげでいい結婚式が挙げられたとお礼を言ってくれた

志保は凛子たちが結婚を急いでいないことを知ると、弦に花が枯れてしまう前にちゃんと結婚するように言った

すると弦は、自分の中では凛子は枯れたりしないというと…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

弦に祝ってもらった最高の誕生日

凛子の誕生日が近づいてきていたが、弦は仕事が忙しそうだったので凛子は諦めかけていた

しかし弦はちゃんと凛子の誕生日を覚えていてくれて、朝にはキスで起こしてくれた

弦は凛子を犬のサーカスや好きなブランドのお店に連れていってくれて、欲しいものも全部買ってくれた

そして弦は久地のお店でお祝いをしてくれて、その上に凛子のためにいろいろリサーチなどをしてくれていたので、凛子は最高の誕生日になったと喜んだのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

久地を励まし連れ戻す弦

凛子が子どもがデキたと言ってきたので、弦は一瞬自分たちの子どもだと勘違いして驚いてしまった

しかしデキたのは同棲していた園子と久地の子どもで、なんと久地は子どもがデキたと知って失踪してしまった

凛子は園子を置いて姿を消した久地にキレていたが、園子を一人にはできないので一緒にいてあげることにした

すると落ち着きを取り戻した園子は、まだ久地のことを想い続けていたシングルマザーとして育てていくつもりだと言った

弦は久地から電話がかかってきたので、公園へと向かった

久地はそこでテント暮らしをしていて、子どもがデキたことを受け入れきれなかったと泣きついてきた

弦は高校時代に久地から助けてもらったことを話すと、自分は久地のことを信じていると言った

それで久地はやっと覚悟を決めることができて、部屋に戻るといきなり凛子に引っ叩かれてしまった

そして久地が園子に土下座して謝ると、園子は逃げないことを条件に許してくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

園子から赤ちゃんを預かってしま凛子凛子

凛子はこれで一安心だと思っていると、園子からオムツを買ってきて欲しいと頼まれた

まだ産まれていないのに気が早いと思いつつ、凛子がオムツを買って園子の部屋にやってくると、なんと本当に赤ちゃんがいた!

その赤ちゃんは園子の姉の赤ちゃんで押しつけられてしばらく預かっていたのだが、園子はつわりが酷かったので凛子は赤ちゃんを預かることになってしまった

その赤ちゃんを連れて凛子は部屋に戻ってきたが、弦は赤ちゃんを見て躊躇いを見せた

しかし凛子だけには任せられないので、弦は…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『凛子さんはシてみたい』 13~14巻の感想

弦は凛子が彰に素の姿を見せていたので、それで嫉妬してしまいました

凛子が弦の前で良い姿を見せようとするのも、まだ付き合い始めなので仕方がないでしょうね

彰は凛子にプロポーズまでしていましたが、恐らくそれを凛子が受けてくれるとは思っていなかったでしょう

それでも凛子に迫ってしまったのは、やはり自分の気持ちを抑えきれなかったからですが、それも理性で解決できる訳ではありません

最後は弦の前で凛子からプロポーズを断らせていたので、弦に見せる意味もあったとは思いますが、彰の中でも気持ちを整理したかったのでしょうね

久地は園子が妊娠して一旦は逃げてしまいましたが、弦が昔のことを話して励ましたので戻ってきました

恐らく園子と二人だけだったら別れてしまった可能性もあるので、好きな相手だけでなく友だちもちゃんと持っていないといけないのだと感じました

弦は久地にちゃんと寄り添っていれば父親の自覚が出ると言って励ましていましたが、凛子が園子の姉の赤ちゃんを連れてきて戸惑っていました

でも久地にあんなことを言ったこともあって、凛子を支えていく気になったようです

結構これで子どもがいる生活のイメージが出て、弦も凛子と結婚したいという気持ちが一気に高まるかもしれませんね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

凛子さんはシてみたい

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「童貞だからってビビッてると思ってんの? 俺も男だよ」ライバルの同僚男子と初体験!? 誰もが認める“いい女”・凛子の密かなコンプレックスーー それは27歳にして、未だ処女だということ。偶然にも同期のエースで最大のライバル・上坂弦が実は童貞だと知った凛子は、弦をラブホに誘う。処女を隠してコトに及ぼうとするが、初めてとは思えない態度の弦に、いつの間にか主導権を握られて…!?

婚姻届に判を捺しただけですが

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

病めるときも健やかなるときも愛し合わないことを誓います。「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」彼氏、いない。飲んでくれる友達、いる。仕事、めちゃくちゃ楽しい! そんなわけで、大加戸明葉(おおかど あきは・27歳)の結婚願望、特になし。ところがそんな日常の中、突然降って湧いた電撃プロポーズ! 相手は30分前に出会ったばかりの文芸編集者・百瀬柊(ももせ しゅう)。仕事はできるがコミュ障(ただし美形)の百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、偽装結婚をしたいのだと言う。はじめは突っぱねた明葉だったが――!? 幸せな結婚って? 仲良し夫婦って…? 即席の偽装結婚夫婦がおくる、不意キュン必至のラブコメディ、分冊版第1巻!