厳選した話題のおもしろまんがのネタバレ・最新話の紹介します

まんがの杜

血と蜜の部屋 6巻~自殺した小杉の死体を処分することにした美希たちのネタバレ・感想・無料試し読み!

更新日:

『血と蜜の部屋』6巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では『血と蜜の部屋』の簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試しに読んでみたいという方は、下記リンク先の試し読みボタンをクリックして試し読みしてみて下さい♪

Yahoo!アカウントでログインすることができて、PayPayを使って電子書籍を購入することもできますよ

⇒ebookjapanで『血と蜜の部屋』を無料試し読み

 

下記の書影をクリックして無料試し読み!👇

 

血と蜜の部屋 6巻ってこんなお話

小杉の自殺死体を見つけた美希

米倉と会う前に、シェアルームの

掃除に美希はやってきていた

しかし、寝室へ入った美希は

誰かが倒れているのを発見した

触ってみると…

その倒れている男は、既に死んでいた

 

驚いた美希は、すぐに玲奈たちを呼び寄せた

しほたちは、誰か分からないと言っていると

玲奈は、1回だけヤッたセフレの小杉だと言った

前の日に、玲奈は小杉から

会ってくれないなら自殺すると

メールを受け取っていたのだ

 

自殺の原因は、玲奈にもあると祥子が言ったので

玲奈と祥子は、対立してしまう

だが美希は、このままではいけないと言って警察に

届け出ようと言った

 

だがしほが、それを止めた

もし警察に届け出ると

自分たちが不倫していると

家族にバレてしまうからだ

 

米倉に死体処分を手伝わせる玲奈

そこに玄関のチャイムがなった

来ていたのは、米倉だった

美希は、米倉を関わらせないように

帰そうとしたが、美希は米倉を

中に入れて、死体を見せた

 

玲奈は、女だけでは死体処分は

難しいと言って、米倉に死体の処分を

手伝うように求めた

美希と不倫していることが

夫にバレてしまうと

訴えられると言って、米倉を脅した

 

それでも美希は、米倉を想い

手伝って欲しくなかったが

米倉は美希を想い、死体処分を

手伝うことにした

 

犯罪を犯したことを恐れるしほたち

しほは子どもの迎えがあり

祥子は親の介護があるので

二人は帰ることになった

帰りにしほは、犯罪かどうか聞くと

祥子は、死体の処分も罪になると答えた

そうでなくても、家庭崩壊や

バレないかと怯えて暮らさないと

いけなくなってしまうのだ

 

米倉は、美希を守りたいと言い

美希は、米倉を関わらせたくないと言って

二人はお互いを抱きしめた

その頃、しほや祥子は

やはり犯罪を犯したことに恐怖を感じていた

 

死体処分に向かった米倉

死体を車のトランクに乗せた米倉は

美希をこれ以上、関わらせないために

残るように言った

それに反対する玲奈には

人目につかないようにするためだと言って納得させた

一人、シェアルームの掃除をする美希は

死体処理が、バレてしまうことを恐れていた

 

>>>『血と蜜の部屋』を無料試し読み

 

続きはコチラ👇

血と蜜の部屋 7巻~ファンと抱き合う米倉の写真を見て動揺してしまう美希のネタバレ・感想・無料試し読み!

 

血と蜜の部屋 6巻の感想

小杉は、ストーカーを続けると

思っていましたが、自殺してしまいました

玲奈は単なるストレス解消のために

一度ヤッただけですが

小杉は本気だったんですね

不倫もお互いが本気だとは限りません

そうした気持ちの温度差が

破滅へと向かう原因の一つなのでしょう

美希たちは、小杉の死体をどこかへ

処分することにしました

これで犯罪を犯した形になってしまったので

もう後戻りはできません

美希だけでなく、しほや祥子も

かなり精神的に追い込まれているので

そうしたことが原因で

バレてしまうかもしれませんね

 

⇒『血と蜜の部屋』を無料試し読み👆

 

『血と蜜の部屋』を実際に読むには?

この記事を読んで『血と蜜の部屋』を読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「ebookjapan」で実際に読んでみましょう

下記リンク先をクリックすればebookjapanのサイトへと行くことができます

是非一度、ebookjapanのサイトで試し読みしてみてください♪

⇒ebookjapanはコチラ

 

購入して読んでもいいという方は、実際に会員登録してみましょう

会員登録自体は無料でできて、Yahoo!アカウントでログインできます

PayPayで決済できてTポイントも貯まりますよ

試し読みで最後まで読みたくなったら、実際に買って読んでましょう

⇒ebookjapanで実際に読んでみよう👆

 

Copyright© まんがの杜 , 2020 All Rights Reserved.