『復讐の未亡人』 14~16巻~知里の葬儀に来て悪口を言い始めた父親の繁に水をぶっかけ葬儀代金を請求して追い払ってしまう養親 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『復讐の未亡人』14~16巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『復讐の未亡人』 14~16巻ってこんなお話

里親に引き取られてしまった斉藤

斉藤が誰かに命を狙われているとミエから聞いた母親の知里は、自分が守らなければならないと思っていた

そこにお隣の三村から、料理の匂いがキツいと電話がかかってきたが、知里は他の家にもちゃんと確認しろと言い返してやった

そこに今度は父親の繁がやってきたので知里は、今までは繁の言うとおりにしてきたが、必要ないと言って帰るように言った

しかし繁は帰ろうとしないので、知里は繁とぶん殴って殺してしまえば、斉藤も保護されて安全になると脅した

そこに三村までやってきたので、知里はお前たちのようなおかしい奴のせいで、自分はおかしくなっていたのだと言って繁たちを追い返してしまった

そして家の中に戻ると、ニュースではミエが捕まったと報道されていた

三村の通報で警察などもやってきて家の中に入ろうとしたので、知里は斉藤に自分のようになるなというと連行されていった

斉藤はそれで養親に引き取られることになったが、知里がガンに罹ってしまったので、養親と見舞いに行くことになった

知里は自分は親らしいことはしてあげれなかったというと、後日亡くなってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

優吾に祈りを捧げた後に密に緊縛プレイをする斉藤

斉藤の養親は知里の葬儀をしてくれたので、斉藤はその費用は後で絶対に返すと言っていた

そこに繁たちがやってきて、また知里を悪く言い始めたので、そんな繁たちに養親は水をぶっかけてしまった

その上に養親は、繁に葬儀費用を請求して追い払ってくれたが、そんなことをしてくれた養親は、農地解放で大儲けした祖父母から遺産を受け継いでいたこともあり、周りの人たちからは陰でバカにされていた

しかし養親は死産してしまったこともあり子どもが産めない体になっていたので、斉藤のように子どもを育ててくれていたのだった

斉藤はそんな養親を思い出して密も養親に似ているというと、優吾の遺影に向かって祈り始めた

斉藤は以前、優吾が密の緊縛プレイの写真を見られても、斉藤なら盗らないから大丈夫だと言ってそのまま見せてもらった

その時のことを思い出した斉藤は、祈りを終えると密に緊縛プレイを…

斉藤は以前、優吾に密が書いたコードを見せてもらうと、書いた人は退屈しているだろうと答えた

すると優吾はその人に会ったらどんなことを訊ねていたが、優吾が亡くなり密が派遣として入社してくると、斉藤は密が優吾が言っていた人物だと知っても聞きたいことを訊くことが出来なかった

その時のことを斉藤が話すと、密は斉藤のせいで復讐に時間がかかってしま言ったのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

蕪城から逃げてきたハルカたち

和代と屋上にやってきた凜は、1人の男が見た目がソックリの女性を侍らせていた

そんな男を見た和代は、あんな男はクズ野郎だと罵っていた

その頃、美花は車椅子の女性の世話をしていたが、そこにあの男の隣にいた女性ソックリの2人が部屋に入り込んできた

美花と一緒にいつもいる女性は2人を追い返そうとしたが、2人の内の1人はまずは整形の後遺症の痛みを抑える薬が欲しいと求め、その後に話を聞いて欲しいと懇願してきた

2人はハルカとアキナという名で、凜が見たあの蕪城という名の男に金を出してもらう代わりに、整形もしていたのだった

ハルカは自分たちは蕪城と一緒にいた2人に追い出されたのだと主張すると、元は旅館で働いていたが不満が溜まって辞めてしまったことを話した

そんな話を聞いていたいつも美花と一緒にいる女性は、2人に蕪城の部屋で暴れるようにいうと、蕪城の部屋のやってきてPCに侵入して、蕪城がハルカたちの偽名を使って脱税目的で投機取引していることを確認した

ハルカはそれを聞くと、蕪城が作った自分名義の口座を自分のモノにして去っていってしまった

アキナは蕪城の元に残ったが、美花がそんなアキナにPCや口座のパスワードなどを渡していて…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

詐欺師の一橋を追い払った凜は自己満でやっているだけだという和代

凜と和代が話していると、同じマンションに住むおばさんが凜が孫なのかと話しかけてきた

和代はそのおばさんと家柄自慢の言い争いをすると、その後凜が安物の服などを着ていたので、高級な服を買いに行った

和代は凜にあくまで自分の見栄のためにやっているのだと言っていると、そこに一橋と名乗る男が声をかけてきた

凜は一橋が自分の言っていることを無視したりするので、詐欺師だと判断して追い払ってしまうと、和代が騙されないためにやったのだと言った

すると和代は、凜がやっていることは自分のためでしかなく、それは詐欺師と同じで人のために見せかけて自己満なことをやっていると身を滅ぼすだけだと注意した

それでも和代はもう男と付き合うのは飽きたというと、凜と一緒にいたほうが楽しいので、もうすぐ子どもが産まれる密の部屋から自分の部屋に来るように提案してきた

凜はその場ではハッキリした答えを言わずに密に相談してみると、密は凜が自由に自分の部屋に来れるように、合鍵を渡してくれたのだった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『復讐の未亡人』 14~16巻の感想

斉藤の母親の知里は、最初はただのダメ親な感じでした

でも警察や児相の人たちに連行されていく前は、結構しっかりしたことを言っていたので、最初からあんな感じだったら斉藤が保護されるようなことにはならなかったでしょう

斉藤を引き取ってくれた養親は、周囲の人たちからはバカにされていましたが、しっかりした人でした

そんな人に育ててもらったので、斉藤も今のようにまともな仕事ができるようになったのだと思います

密もそんな斉藤に斉藤のせいで復讐が遅れてしまったとは言っていますが、あれだけしっかりしているのでなんだかんだで気が許せるのでしょうね

和代はいつもは警報器を鳴らして騒いでいたりするので、単なるボケたおばさんだと思っていましたが、どうやらそうでもなさそうです

凜はそんな和代に結構気に入られているみたいで、一緒に住まないかと言われています

密も凜にはもう親がいなくなったので賛成して、自分の部屋にも来れるように合鍵を渡していました

凜も和代といるのはなんだかんだで好きそうなので、すぐに和代と密の部屋を行き来することに慣れてしまいそうですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

凛子さんはシてみたい

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「童貞だからってビビッてると思ってんの? 俺も男だよ」ライバルの同僚男子と初体験!? 誰もが認める“いい女”・凛子の密かなコンプレックスーー それは27歳にして、未だ処女だということ。偶然にも同期のエースで最大のライバル・上坂弦が実は童貞だと知った凛子は、弦をラブホに誘う。処女を隠してコトに及ぼうとするが、初めてとは思えない態度の弦に、いつの間にか主導権を握られて…!?

婚姻届に判を捺しただけですが

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

病めるときも健やかなるときも愛し合わないことを誓います。「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」彼氏、いない。飲んでくれる友達、いる。仕事、めちゃくちゃ楽しい! そんなわけで、大加戸明葉(おおかど あきは・27歳)の結婚願望、特になし。ところがそんな日常の中、突然降って湧いた電撃プロポーズ! 相手は30分前に出会ったばかりの文芸編集者・百瀬柊(ももせ しゅう)。仕事はできるがコミュ障(ただし美形)の百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、偽装結婚をしたいのだと言う。はじめは突っぱねた明葉だったが――!? 幸せな結婚って? 仲良し夫婦って…? 即席の偽装結婚夫婦がおくる、不意キュン必至のラブコメディ、分冊版第1巻!