『Immoral』 11~12巻~余命幾ばくもない実父を密かに支援してくれていたと知って青山との結婚を決意する樹里 のネタバレ・感想・無料試し読み!

『Immoral』11~12巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『Immoral』 11~12巻ってこんなお話

里中に久我家に依存してきたのも間違いじゃないと言ってあげる樹里

樹里は目を覚ますと、また青山とセックスしてしまったと思いながら、青山の書き置きを読んだ

樹里は青山が自分のためにやっていると分かっていたので、自分はやはりいなくなった方がいいと思ってしまった

フロントに樹里がやってくると、里中は青山の許可はもらっていると言ってドライブに誘ってきた

里中を警戒している樹里に、里中は樹里と会うのは今日が最後だというと、自分の父親は武則の妻を妊娠させてしまい、星奈は腹違いの妹なのだと明かした

武則はそれでも見捨てなかったので自分は裏切らないと言った里中に、樹里はこれまでずっと苦しんで生きてきたのだろうと思った

そして里中は樹里が青山の前からいなくなっても立ち直れると言ったので、樹里は里中は意外といい奴で自分が考えていることがバレていると思った

樹里を自分のお気に入りの店に連れていった里中は、いつもと違って店の女将には人間味のある姿を見せた

そして樹里は里中には、ボケて里中のことも分からなくなっている母親がいることを知って、里中もいろいろ家族のことを抱えているのだと思った

里中は樹里に、自分は久我家に依存しているのだというと、自分の母親に会いに行くのでついてきて欲しいと言った

すぐに里中は冗談だと言ったが、樹里は里中がこれまでずっと久我家に頼ってきたのも間違いじゃないと言ってあげた

そんなことを言った樹里に里中は、これから何が起きても青山のことを信じていて欲しいと言ってくれた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

里中に青山から離れてふさわしい人間になると話す樹里

実家のお店にやってきた青山に、父親は兄嫁の美音は青山が樹里と一緒になれるように、ずっと不妊治療を続けていると教えてくれた

それを知った青山は、父親にマルターニをどうするのかはもう決めているのだというと、樹里とも必ず結婚すると言った

樹里は里中と里中の母親のいる施設に行くと、里中の母親は里中を自分の夫だと思い込んでいた

そして母親はいつものように里中への不満をブチ撒け始めたので、里中はそれに耐えきれずにすぐに母親から離れてしまった

しかし樹里はそんな里中に、里中の働きで今の星奈や久我家があるのだと言ってあげると、自分は青山から離れて青山にふさわしい人間になるのだと言った

そんな樹里に里中はいきなり好きだと言ってすぐに冗談だと言い直したが、樹里は思わずドキッとしてしまった

そして里中は樹里を家の前まで送ってくれると、星奈のことを樹里に頼んで樹里の実父に会いに行くなら一緒に行っていいと言った

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

密かに樹里の実父を支援していた青山

樹里は里中がそんなことまで調べていたのかと思ったが、実は樹里には実父のいる施設から知らせが届いていた

樹里は父親が母親を捨てたと思っていたので、それで会いにいく決心がつかないでいると、晶から一緒に横田に会う約束があるのでimmoralに行こうと誘われた

晶と一緒にimmoralに行った樹里は、まだ実父に会うことを迷っていた

しかしふと母親が、実父のことは恨んでいないと言っていたことを思い出し、ようやく実父に会いに行く決心をすることができた

樹里は実父のいる施設に行くと、担当者の佐藤から実父はもう長く生きられないことや誰かが実父を支援していることを説明してもらった

樹里は実父の病室に行くと、実父に不倫相手のことを聞いてみた

すると実父は自分は駆け出しの料理人の身分で裕福な家の娘の樹里の母親と駆け落ちしたが、身分違いの結婚に耐えられなくなって逃げてしまっただけなので、不倫相手なんていないと明かした

そして実父は逃げてしまった自分が、樹里たちを愛していてもいいかと聞いてきたので、樹里はもう余命幾ばくもない実父のことを許そうと思った

樹里は佐藤から誰かが支援していると聞いていたのでそのことを訊ねると、実父は支援者は青山だと言った

それで樹里は青山がずっと自分のこと大切にしてくれていたのだと思って海岸にいると、なんとそこに青山が現れた!

青山は美音に子どもがデキたので跡継ぎ問題も片付いて、料理のレシピも血縁者以外に教えてきたので、もう問題は片付いたと言った

するとそこに青山が統括支配人兼秘書として雇った里中もやってきて、樹里は翌日青山と親に会いに行くことになった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

青山の失脚を狙う石橋

樹里も青山もこれでやっと家族になれると思っていたが、なんと会社で異物混入事件が起こってしまい、翌日青山は待ち合わせ場所に来なかった

それに少し不満だった樹里は、里中から1人でも親に会いに行ったほうがいいと言われても、自分も投稿に戻ると言い出した

すると帰りに新幹線で里中は、青山の会社とマルターニの合併前に乗っ取りを企んでいた重鎮の石橋が、今でも協力者のフリをして青山の失脚を狙っていると教えてくれた

家に帰ってきた樹里だったが、青山に連絡して欲しいとメッセを入れても返事が来ないので、親に会いに行けばよかったと思っていた

するとそこに突然、青山がやってきて連絡しなかったことを謝った

樹里は連絡してこなかった不満を青山にぶつけたが、青山は不満をぶつけてくれたほうが嬉しいというと、樹里を押し倒してセックスし始めた

しかしその頃、青山の失脚を狙う石橋は樹里を…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

『Immoral』 11~12巻の感想

樹里は子どもを産めないこともあって青山との結婚を諦め、一旦離れようと考えていました

でも青山は余命幾ばくもない状態の実父のことを支援してくれていたので、ようやく青山との結婚を決意しました

青山の兄も跡を継げないと言っていましたが、兄嫁の美音は根気強く跡継ぎを産むために不妊治療を続けてくれていました

それで青山は家族との関係がよくなって跡継ぎもデキたので、これで2人の家族問題も解決しました

やっとこれで樹里と青山は一緒になれると思いましたが、どうやら青山に不満を持っている重鎮の石橋が失脚を狙っているようです

会社の合併があるとよくある話ではありますが、合併前から石橋は乗っ取りを企んでいた奴なので腹黒な奴なんでしょうね

今のところ青山は石橋の企みを察知して、早めに対処しているので大事には至っていませんが、どうやら石橋は樹里に目をつけてしまったようです

そのうち樹里にも何かを仕掛けてくると思いますが、何とか2人で力を合わせて撃退して、無事に結婚に辿り着いて欲しいですね!

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

凛子さんはシてみたい

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「童貞だからってビビッてると思ってんの? 俺も男だよ」ライバルの同僚男子と初体験!? 誰もが認める“いい女”・凛子の密かなコンプレックスーー それは27歳にして、未だ処女だということ。偶然にも同期のエースで最大のライバル・上坂弦が実は童貞だと知った凛子は、弦をラブホに誘う。処女を隠してコトに及ぼうとするが、初めてとは思えない態度の弦に、いつの間にか主導権を握られて…!?

婚姻届に判を捺しただけですが

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

病めるときも健やかなるときも愛し合わないことを誓います。「世間の目を欺くために、俺と結婚してください」彼氏、いない。飲んでくれる友達、いる。仕事、めちゃくちゃ楽しい! そんなわけで、大加戸明葉(おおかど あきは・27歳)の結婚願望、特になし。ところがそんな日常の中、突然降って湧いた電撃プロポーズ! 相手は30分前に出会ったばかりの文芸編集者・百瀬柊(ももせ しゅう)。仕事はできるがコミュ障(ただし美形)の百瀬は、とある理由から“既婚者”の肩書きを手に入れるため、偽装結婚をしたいのだと言う。はじめは突っぱねた明葉だったが――!? 幸せな結婚って? 仲良し夫婦って…? 即席の偽装結婚夫婦がおくる、不意キュン必至のラブコメディ、分冊版第1巻!