『ミステリと言う勿れ』 10巻 ~鍵山事件の関係者をキャンプ場に集めオンラインで本当のことを話すように要求するしてんちょう のネタバレ・感想・無料試し読み!

『ミステリと言う勿れ』10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

🔻絵付きですぐに読みたい人は、書影を今すぐクリックしよう!🔻

『ミステリと言う勿れ』 10巻ってこんなお話

知り合いの刑事から行方不明事件と鍵山事件がつながっていると教えてもらう青砥

整に録音するように言った青砥は、してんちょうに竜樹のことを調べたことと言った

するとしてんちょうは、青砥が竜樹を誘拐できないことは分かっていたというと、早く竜樹を見つけないと友香のポイントが減っていくと脅した

そんなことをいうしてんちょうに、整はそういうポイント制で天秤にかけるのがマイブームなのかと聞くと、してんちょうは電話を切ってしまった

してんちょうの言動から、整は自分たちはキチンとは見張られていないようだというと、防犯カメラを調べたほうがいいと言った

すると青砥が車にドライブレコーダーがつけられているのを見つけ、それを確認すると鍵山事件の検事側の証人の塩川夫妻が映っていた

整たちは鍵山事件の被害者が最後に目撃された場所にやってくると、そこに青砥の知り合いの刑事から電話がかかってきた

その刑事は白骨死体の一人は鍵山事件が起こっている頃に行方不明になっていた子で、鍵山事件で使われたタオルと同じタオルが首に巻かれていたと教えてくれた

白骨死体が見つかった現場には、事件当時に小諸は行くことは不可能だったので、頭の中がグチャグチャになってしまった青砥は、仮眠を取ることにした

それでカラオケボックスにやってくると、整はどうしてウソつきな小諸の自白を信じたのかと聞くと、青砥はそれでも小諸は事件に関わっていると言って眠ってしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

竜樹の死体を見つけてしまう整と青砥

してんちょうは青砥が目を覚ますとまた電話をかけてきて、仮眠を取るほど余裕なのかと言って、友香を軽んじていると言ってポイントを下げた

青砥はしてんちょうに小諸と一緒に事件を起こしたのかと訊ねたが、してんちょうは青砥は全く分かっていないと言って電話を切ってしまった

整たちは子どもの誘拐事件の証言者に会いに行くと、証言者の男は郵便マークのようなペンダントを持っていたと話してくれた

整は天秤座のマークだろうというと、二つの事件は同一犯だろうと言ったが、まだ竜樹のいる場所の見当はつかないままだった

青砥は整が見つけたプールの写真から、友香が水泳を習っていたことを思い出すと、それを妻の敦子に確認して、竜樹と同じスクールに通っていたことが判明した

水泳を教えていた蘇我が天秤座のペンダントを持っていたので、犯人だろうと判断した2人は蘇我の家に向かった

そして2人は蘇我の家の中に侵入すると、既に亡くなって時間が経っている竜樹の死体を見つけてしまった!!

するとまたしてんちょうが電話をかけてきて竜樹の父親の井口を代わったが、青砥は竜樹が亡くなっていることを伝えることはできなかった

そしてしてんちょうは、鍵山事件の関係者を全員集めているので、あるキャンプ場へと来るように求めた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

オンラインで鍵山事件の関係者に本当のことを話すように求めるしてんちょう

青砥はキャンプ場へ向かう途中で行きつけのパン屋に立ち寄り、それからキャンプ場へと向かった

してんちょうは池の側にあるキャビンに入るように要求すると、青砥は整にスマホでこれから起こることを撮影するように言った

すると中にあったモニターには、他のキャビンにいる鍵山事件の関係者が映し出された

友香の他に塩川夫妻、小諸や記者の久我山までいて、それぞれの子どもも誘拐されて、親とは違うキャビンに入れられていた

してんちょうは、他の人の言葉でポイントが変わるのだというと、それが天秤の関係になっていて、ポイントがなくなってしまうとその人は死んでしまうことになると説明した

そしてしてんちょうは鍵山事件のことを話すようにいうと、司会を青砥に頼んだ

整はしてんちょうは事件の犯人を知っているのだろうと思っていると、青砥に捜査情報を誰から聞かれた久我山は、頑として誰からなのか話さなかったので、どんどん子どものポイント下がっていった

整はみんなで協力すればいいと言ったが、それでも久我山は誰かをハニトラにかけたとしか言わず、してんちょうは一旦休憩を入れた

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

竜樹が亡くなり子どもの死体が見つかったので事件を清算する気になっていた井口

整はまた映像が映り始めると、してんちょうは井口だと言った

すると井口は間抜けな青砥たちのせいで自分は軽く扱われたと不満をいうと、自分は昔から目立たなかったので、ある日釣りをしていた家族の子どもを首を絞めて殺してしまったと話した

すると整は鍵山事件は井口にとってはメインじゃなく、ロリコンの小諸が選ばなかった女の子を、自分と同じ軽い存在だといって殺していたのだと推理した

井口がそうだと認めたので、その話を聞いてしまった桜は錯乱してしまい、友香はキレてしまった

青砥は被害者家族にどう説明したらいいかと落ち込んでいると、井口は友香は青砥の子どもじゃないとバラしてしまった

しかし友香はそのことは母親の敦子に聞いていると言って、血はつながっていなくても青砥は父親だと言ってくれた

井口が8年も経ってこんなことをしてしまったのは、竜樹が蘇我のせいで死んでしまったからで、その上に殺して埋めた子どもの遺体も見つかってしまったので精算しようと考えたからだった

整は井口にも存在意義はあったはずだと言ってあげたが、それを認めようとしない井口は、友香がいるキャビンを池に落としてしまった

そこに客に変装した池本たちが現れ井口を捕まえると、青砥は池に飛び込んで床を助けようとしたが、既に風呂内が助けだしていた

蘇我は既に井口に殺され沈められていて、そんなことをした井口に整はどうして竜樹の傍にいてあげなかったのかと言っても、井口は理解していない様子だった

緊張の糸が切れてしまった青砥と友香は泣き始めてしまったが、そこに元妻の敦子がやってきた

検事をしている敦子はとても冷静な感じだったが、整の推理は興味深かったと言って握手を求めてきた敦子の手は…

事件のせいで試験が散々だった整は、ライカに事件のことを報告していた

整は井口は遺族や殺した子どもたちを想う気持ちがなかったと嘆くと、ライカは井口は自分しか見えない奴なんだと言った

整は星座のアクセサリーの関連性がまだ見つからないというと、ライカは唯一関連性があるとすれば整と…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

このお話の感想

警察が犯人だとして一旦逮捕して無罪になっていた小諸は、単なるロリコン野郎でした

そのロリコン小諸が選んだ女の子の友だちの地味目な女の子を、井口は自分に似ているから殺していました

井口も小さい頃から目立たない子自分と似ている子を殺していましたが、そんなに自分の存在が軽いと思っているなら、サッサと1人で死んでしまえと思ってしまいますね

小諸もキモい奴ではありますが、まだ手を出していないだけマシではありますが、やはり可哀想なのは娘の桜です

自分と同じ歳の女の子を、父親がエロい視線で見ていたと思うだけでゾッとしてしまいます

星座のアクセサリーを渡している奴がどんな奴なのかは分からず直接事件には関わっていませんが、何か事件を起こしそうな奴を唆して事件を起こしているような感じです

アクセサリーを持っている奴らに整が何か関係性があるのかはまだ分かりませんが、これからも整は関わっていかないといけないでしょうね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?