『お父さんが早く死にますように。』 6~10巻 ~避妊用のピルをもらいに行った帰りに自殺を図ろうとして足を滑らせ父親を刺してしまうあすか のネタバレ・感想・無料試し読み!

『お父さんが早く死にますように。』6~10巻を読んでみた感想やあらすじを書いてみました

前回のお話を読み直したい人はコチラをクリック👆

この記事では、簡単なお話の概要や感想をまとめています

ネタバレ的な内容もあるので先に試し読みしたい方は、下記リンクをクリックして電子書籍ストア「まんが王国」に行ってみましょう

検索窓に作品名を入れ、購入ボタンの横の試しボタンを押して実際に読んでみるといいですよ♪

この作品は電子書籍ストアのeBookJapanでも配信されています

すぐに読んでみたい人は書影をクリック👇

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

『お父さんが早く死にますように。』 6~10巻ってこんなお話

自分がずっと機嫌取りばかりしていたと思ってしまうあすか

まだ幼かったあすかに、母親はあすかは誰からも愛される存在になれると言ってくれていた

それを夢で見たあすかは目を覚ますと、どうして現実はこんなにも辛いのかと思ってしまった

あすかは避妊用のピルがなくなりつつあるので父親にそれを伝えると、父親は自分も一緒に日曜に行くというと仕事に出かけていった

蛍も学校に出かけていくと、あすかは以前お隣のおばさんがあすかはイイ子だと言ってくれたときのことを思いだした

あすかはその時、みんなが喜びそうなことを考えて行動していると話すと、それを聞いたおばさんは人のことばかりを考えずに、自分も大事にするように言ってくれた

おばさんとの会話を終えたあすかは、近くでアリの行進を見ていた蛍のところにいくと、蛍は働いていないアリを見ながらサボっているのが一番幸せそうだと言った

そんな蛍にあすかはみんなのために働けば幸せを感じられると話したが、蛍は…

あすかはその時のことを思い出し、自分はずっと周囲の人の機嫌取りばかり頑張ってきたのだと気づいた

そんな自分が誰かに愛される存在になれるはずはないと思ってしまったあすかは…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

自殺を図ろうとして父親を刺してしまうあすか

蛍が学校から帰ってくると、あすかのようすが何かおかしかった

あすかは蛍にこの前のことを謝ると、蛍の好きなご飯を作ってあげると言った

それからあすかは父親と、避妊用のピルをもらいに病院に向かい始めたが、一緒に行こうとする蛍に留守番をするように言って出かけていった

すると田牧が自転車を取りにやってくると、蛍は田牧にあすかの様子が何かおかしかったと言った

そして蛍は田牧にあすかのことが好きかと訊ね、どんなあすかでも好きでいて欲しいと言ったので、田牧はついあすかを好きになったときのことを思い出してしまった

あすかは避妊用のピルをもらって病院を出ると、歩道橋の上で父親に交番から連れ戻された時のことを話し始めた

そしてあすかはバッグから包丁を取り出すと、それを父親のほうに向けた!!

あすかは父親に自分の気持ちが分からないのかというと、自分はずっと父親のおもちゃにされて苦しんできたと言った

そしてずっと何不自由のない生活をさせてきたと言い張る父親に、そんなことで好き勝手にしていいハズはないと叫んだ!

それでも父親は、あすかは家を出ていった母親みたいだと気持ちを分かろうとしなかったので、あすかは父親に向けていた包丁を自分の喉元に向けた

父親はそれを止めようとしたが、あすかは足を滑られてしまい、2人は階段から落ちてしまった

そしてあすかは父親の上に落ちてしまうと、なんと父親を刺していた!!

父親はさらに下の歩道に落ちてしまったが、その様子を田牧が…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

父親の意識が戻って欲しくないという蛍

病院に運び込まれた父親は、意識不明の重体だった

捕まってしまったあすかは、面会にやってきた弁護士の笹崎に自分を早く死なせて欲しいと訴えた

家裁で裁判を受けたあすかは、父親から日常的にDVやレイプをされていたので、児童養護施設で指導を受けながら生活することが決まった

蛍も同じ児童養護施設に入ることが決まりそれを笹崎が伝えに行くと、蛍はあすかと一緒に暮らせることを喜びながら、父親に別れを伝えるために病院に行きたいと言い始めた

蛍は笹崎と父親の病室へと行くと、父親の意識は戻って欲しくないと言った

そんな蛍に笹崎は、どんな悪人でも更生の機会は与えられないといけないと話したが、蛍は…

蛍はそれから笹崎と病院のロビーに行くと、トイレに行きたいと言った

しかしそれはウソで、父親の病室へ行くと…

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

あすかが自分を責めるのは父親のDVのせいだという香奈枝

あすかは斎場で骨となってしまった父親を見ながら、自分が殺したのだと思っていた

あすかと蛍は正式に児童養護施設入りが決まり、2人で施設に向かった

施設にやってくると、施設のおばさんはあすかに焦らなくていいと言ってくれたが、蛍は父親が死んでよかったと言ったので、あすかは蛍がやったのだと気づいた

それで衝撃を受けたあすかは、同室となった香奈枝から同じ虐待で来たのかと聞かれ、児童養護施設はそんな子が普通の暮らしを出来るようになるための施設だと教えられた

あすかは施設に来ても、やはり周りに気を遣って一緒に遊ばないといけないのかと思っていると、施設のおばさんは気が向いてからでいいと言ってくれた

それであすかは少し気持ちが前向きになっていると香奈枝はコーヒーを淹れてくれて、あすかが自分を責めてしまうのは父親のDVのせいだと言った

すると施設のおばさんが香奈枝が作った料理を持ってきてくれて、それを食べ始めたあすかはずっと自分は父親のDVから逃れるために必死だったのだと思って泣き出してしまった

そんなあすかを施設のおばさんは抱きしめてくれたが、あすかはそれでも自分はやさしくされるような人間じゃないと言って謝り続けてしまった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

嬉しそうに父親にトドメを刺せたと話す蛍

あすかは父親をなくした喪失感を感じつつも、前に進もうという気持ちになりかけていた

それで香奈枝たちとちゃんと向き合おうと思い、蛍に父親を殺したのか聞こうとしたが、やはりできかなった

そこに田牧が来てくれて、あすかに父親のDVに気づけなかったと謝ってきた

あすかは田牧のせいじゃないというと、田牧に来てくれたお礼を言いながら、自分を思ってくれる人たちがいるのだと思った

それでやっとあすかは蛍に、本当に父親を殺したのかと聞くことができたが、蛍は嬉しそうに父親にトドメを刺すことができたと言った

蛍はこれであすかと一緒に苦しまずに暮らせると言ったので、あすかは蛍は自分のために父親殺しをしてしまったのだとショックを受けた

あすかは蛍にもう人殺しなんてしないと誓わせようとしたが、蛍は人殺しがダメなのは知っているが、自分を守ってくれていたあすかにDVをしていた父親が許せなくてやったのだと訴えた

そんな蛍を見てあすかは、蛍も辛い思いをしてこんな子になってしまったのだと気づいた

それであすかは父親を殺してくれたお礼をいうと、父親殺しのことは2人の秘密にしようと言った

それからあすかはこれからずっと蛍を見守らないといけないと思いながら、蛍と一緒に施設に戻っていった

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この話を最初から読むならコチラ👇

このお話の感想

あすかは蛍から自分を守っているフリをしているだけだと言われ、それで精神的に追い詰められて父親の前で自殺しようとしてしまいました

その際に揉み合いになって父親を刺してしまいましたが、そのせいで児童養護施設行きになったのは結果的にはよかったと思います

でも妹の蛍は父親にトドメを刺してしまい、どう見ても人殺しをした罪悪感を感じていないようです

父親はあすかにDVやレイプをしていたクソ親なのでどうなっても構わないですが、蛍もそのままにしていたらいつかもっとヤバい方向に走り出しそうなので、あすかが放置できないと思ってしまうのも分かる気がします

とは言えあすかは児童養護施設で気持ちが前向きになり始めていたので、また後ろ向きになってしまったのは残念でした

田牧はあすかの境遇を知っても好きでい続けているので、きっと一緒になれたらあすかは幸せになれると思います

あすかは最後は残念な決意をしてしまいましたが、早く前向きな気持ちになって誰からも愛される存在になって欲しいですね

まんが王国で無料試し読みするならコチラをクリック👆

この作品を実際に読むには?

この記事を読んで実際に読んでみたくなった方は、電子書籍ストア「まんが王国」の検索窓で検索してみましょう

下記リンク先をクリックすれば、まんが王国のサイトへと行くことができます

実際に購入して読んでもいいという方は、会員登録してみましょう

会員登録自体は、無料でできますよ

実際にマンガを購入する場合には、まず必要な分だけポイントを購入(税込110円~)してみましょう

継続してまんがを購入してもいい方は、お得な月額コースにしてみるのもいいかもしれませんね

人気記事

けだものたちの時間~狂依存症候群~

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

人気女性雑誌でモデルとして活躍する平川愛理(ひらかわあいり)は、自宅前でいきなり気絶させられ、あたり一面ゴミに囲まれた部屋に拉致されてしまう。愛理は、自分のストーカーであり誘拐の犯人と思われる男・今井宏和(いまいひろかず)から突然プロポーズされ困惑するが、訳もわからないまま性的暴力を受けることに。トイレも食事も管理される監禁生活が始まり……!?

お父さんが早く死にますように。

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

近所でも評判の仲良し姉妹・あすかと蛍。母親がいないながらも健やかな家庭に見えたのだが、二人は誰にも言えない秘密を抱えていた。あすかが父から受ける激しい暴力、そして性的虐待。それでも幼い妹を守ろうと、あすかは必死だった。しかし、父の手が蛍にも向けられ始めて――!? 追い詰められたあすかは、ある決断をする。

秘密の授業

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

「今からする事…絶対誰にも言っちゃ駄目よ?」 両親を亡くし、結城家へ引き取られて新しい家族の元で幸せに暮らしていた青年、俊太。ある夜、養父母のセックスを見てしまい――― 朝起きると彼のパンツは白く濡れてしまっていた。毎晩繰り返す快感―― それに気付いた養母の真理子。そして彼女はある決意をする。「私が…教えてあげないと…」 皆が寝静まった真夜中に、性に無知な青年のための誰にも言えない『秘密の授業』が始まる――!?